魂動デザイン | DESIGN THEME "KODO"

SHINARI
SHINARI DESIGN GALLERY

ENGLISH

エクステリア - 俊敏な動きを表現

全身に力を張り巡らせ、いまにも飛び出そうとするかのような 「マツダ 靭(SHINARI)」。そのフォルムは、ボディの軸となる強靭な骨格、溜めた力を一気に解き放つ瞬発力、そして美しくしなやかな動きのつながりを表現することで具現化されました。
ボディの後方へ引き絞られたような形状を見せるAピラーやキャビン形状、そしてフロントフェンダーなどのあらゆる要素が、力の溜めと、一気に全速力で動き出す瞬発力をイメージさせるプロポーションを構成しています。
RX-8から始まったタイヤの存在感を強調する「プロミネントフェンダー」を進化させた特徴的なフロントフェンダーは、ダイナミックなボディサイドの動きをエレガントかつスポーティに際立たせるものになっています。このフロントフェンダーから後ろへ向かう「動き」と、リアフェンダーから前に向かう「動き」は、複層的にぶつかり合い、融合することにより、強い緊張感と美しく優雅な表情を見せています。
また、すべてのボディ面は常に変化しており、一定な形状はどこにもありません。例えば、サイドシル部の上向き面は、フロントからリアにかけて微妙に角度をコントロールし、変化させることでスピーディなヌケ感を実現しています。
フロントフェイスは、フロントグリルを立体的に造形することにより、マツダブランドを誇り高く主張し、そのグリルを起点にした力強い動きはボンネット、フェンダー、ヘッドランプ、そしてバンパーへ繋がっていきます。特にフロントグリルからヘッドランプに繋がるフローティングバーはより立体的なスピード感を表現し、新しいマツダのシグネチャーとして特徴づけるものになっています。その先にあるヘッドランプは獲物を狙う動物のような生命感ある瞳の表情を表現するために、奥まった灯体をむき出しにした、アウターレンズの無い構成を採っています。
当然のことながら高い空力性能を追求しています。フロント及びリアバンパーは、下部をアンダーフロアへの気流の導入と排出を最適化した形状にするとともに、サイドシルを含めて連続した張り出し形状としてボディ周りとアンダーフロアの整流効果を高めています。

インテリア - 人とクルマをつなぐもの

マツダのインテリアデザインDNAを取り入れたマツダならではのプレミアムなインテリアを、コンセプトカー「マツダ 靭(SHINARI)」で形にすることを目指しました。
エクステリアデザインはスピード感のある動きをフォルムで表現していますが、インテリアデザインはシートポジションで感じられるものです。スピード感を表現しながら、人間工学と基本となるメカニック機能で「究極のアスレティック空間」を創造しています。
クルマに乗り込むと、まずドライバーを包み込むようなコックピットのたたずまいが目をひきます。ドライバー席は、レイヤー状の造形で空間を演出しています。インストルメントパネルはくっきりとした面にエッジをきかせた上部と、精緻なメカニック機構を施した下部とのコントラストが特長です。コックピットの周辺の落ち着いた色合いの表皮に対し、シートなど部分的にスピード感を際立たせる明るい素材色を採用してエッジの効いた造形を際立たせています。
また、アルミニウムの切削加工や本革のソフト素材を採用し、精密にデザインした計器やスイッチ類が想像を超える艶やかな質感をインテリアに吹き込んでいます。
助手席まわりは、インストルメントパネルの形状を低く、離した位置に配置することで開放感ある独特な空間を追求しました。フロントのシートコントロールやHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)により、ディテールや機能性を一段と高め、プレミアムなインテリアを実現しています。この運転席と助手席の強いコントラストにより、快適な空間とダイナミックなドライビングを感じさせるスポーティな空間を高いレベルで両立しました。