ニュースリリース

 第1826号

2005/06/28

クルマ・技術

人気車種「アクセラ」生産体制を強化

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社は、各市場で好調な販売を続けている「マツダアクセラ(海外名:Mazda3)」の生産を宇品第2工場(U2)においても行うことを本日発表した。U2では月2千台のアクセラの生産を予定しており、主に、スポーティーコンパクトカーの人気が特に高い欧州、北米、豪州向けの輸出に対応する。アクセラは今まで防府第1工場(H1)および防府第2工場(H2)において生産されており2004年度の年間生産台数は337,377台であった。

 

 2003年10月の発売以来、アクセラはお客様及びメディアの方から高い評価を得ており、全世界で50以上の賞を受賞している。また海外市場の販売実績は着実に伸びており、米国においては2004年暦年に76,079台を販売、2005年も1-4月で前年同時期比32.0%増となる31,722台を販売している。カナダでは2005年4月の月間販売台数が7,120台となり、同国の全乗用車市場でアクセラが最多販売車種となった。豪州はアクセラの販売好調により、2005年1-4月のマツダ車の販売実績が22,641台となり、全輸入車ブランド中で最多となった。

 

 U2は、業績回復にともなって昨年5月に操業を再開しており、コンパクトカーからミニバンクラスまでの生産が可能な多品種混流ラインと、環境に配慮したスリー・ウェット・オン塗装などマツダの最新鋭の設備を持つ生産拠点の一つとして重要な役割を担っている。

 

 マツダの山木 勝治常務執行役員は「この度のアクセラの増産体制が短期間で準備できたのは、U2の持つ世界でもトップクラスのフレキシブルな生産ラインという特性を活かせた結果である。そしてH1およびH2に加え、U2でも生産できる体制にしたことで、世界中でお待ちいただいているお客様へ一刻も早くお届けしたい。」と、語った。