ニュースリリース

 第1837号

2005/10/05

クルマ・技術

「マツダ先駆(せんく)」、「新型MPV」を第39回東京モーターショーに出品

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ(株)は、10月19日(水)から11月6日(日)まで千葉県「幕張メッセ」で開催される第39回東京モーターショーに、コンセプトカーの「マツダ先駆(せんく)」と「Mazda MX-Crossport(エムエックス・クロスポルト)」、市販予定車の「新型MPV」、Zoom-Zoomな走りと環境性能を高次元で両立する「プレマシーハイドロジェンREハイブリッド」コンセプトや次世代エンジン「MZR 2.3L DISI※1 TURBO」、さらに安全技術として「高度運転支援技術」を出品する。 
 ※1 Direct Injection Spark Ignition(直噴)
 

マツダ先駆 (参考出品車)
マツダ先駆 (参考出品車)

 今回マツダは、多くの新商品・技術を出展することにより、商品主導の成長および昨年発表した「マツダモメンタム」の進捗をアピールする。

 マツダ先駆は、「大人のための4シーターロータリースポーツ」のひとつの方向性を提示するコンセプトカー。時代が強く求める環境や安全への配慮や、少子高齢化などの社会構造やそれに伴う価値観の変化に対応しながら、Zoom-Zoomな走りという独自の価値をこれからも提供していくとのマツダの決意を実現するスタディの一端である。

 Mazda MX-Crossportは、2005年1月に米国デトロイトで開催された北米国際自動車ショーでワールドデビューし、今回の東京モーターショーが日本初デビューとなるスポーツカーとSUVの価値をあわせもった新しいタイプのクロスオーバーコンセプトカー。マツダの新世代商品ラインナップをさらに充実させる将来商品の方向性の一端を示している。

新型MPV (参考出品車)
新型MPV (参考出品車)

 市販予定の新型MPVは、歴代MPVで好評の使い勝手の良いパッケージングにさらに磨きをかけ、乗る人全てがあらゆるシーンで満足できるくつろぎの空間を持ちながら、洗練されたスタイリッシュなデザイン、そしてこれまでのミニバンとは一線を画す卓越したドライビングエンターテイメントを両立し、MAZDA DNAを具現化する。

プレマシーハイドロジェンREハイブリッド (参考出品車)
プレマシーハイドロジェンREハイブリッド (参考出品車)

 プレマシーハイドロジェンREハイブリッドは、水素でもガソリンでも走行できるデュアルフューエルシステム採用の水素ロータリーエンジンをフロント横置きとし、ハイブリッドシステムを組み合わせたコンセプトカーで、ダイナミックな走り、優れた環境性能、ゆとりの室内空間の同時実現を目指している。

 このほか、実用化に向けてより一層の熟成を遂げた水素ロータリーエンジンとリース予定のRX-8ハイドロジェンRE、直噴システムとターボチャージャーを組み合わせたクリーンでパワフルな次世代エンジンMZR 2.3L DISI (Direct Injection Spark Ignition) TURBO、モーターを使わず静かで素早い再始動を可能にするスマート アイドリング ストップ システム、ITS(Intelligent Transport Systems)技術を活用した高度運転支援技術などを出品する。マツダは、安全や環境など多岐にわたる時代の要請に真摯に応えながら、運転することが歓びになるZoom-Zoomなクルマをこれからも変わることなく提供していく。なお、RX-8ハイドロジェンREは別会場で行われるクリーンエネルギー同乗試乗会にて試乗が可能である。

<主な出品物一覧>
参考出品車 コンセプトカー マツダ先駆 (ワールドプレミア)
Mazda MX-Crossport (ジャパンプレミア)
プレマシーハイドロジェンREハイブリッド (ワールドプレミア)
市販/リース予定車 新型MPV (ワールドプレミア)
トリビュートハイブリッド (ワールドプレミア)
RX-8ハイドロジェンRE (ワールドプレミア)
技術展示   新型MPVカットボディ
MAZDA G-BOOK ALPHA (マツダ ジー・ブックアルファ)
環境 MZR 2.3L DISI TURBOエンジンカットモデル
RENESIS 水素ロータリーエンジン
スマートアイドリングストップシステム (ワールドプレミア)
安全 高度運転支援技術
市販車 新型ロードスター、RX-8、マツダスピードアテンザ、プレマシー など
 *合計22台(プレスデー(10/19)は計18台)を展示する。

<主な出品物の概要>

1. 参考出品車
■マツダ先駆

 マツダ先駆は、夢や自分らしさを追い求める新しい時代の価値観と感性に応えうる「大人のための4シーターロータリースポーツ」の在り方を提案するコンセプトカー。デザインでは、「シャープネス&メローネス」をコンセプトとして、鋭利さと優美さといった相対する要素を融合し、次世代の上質感の美学を追求。超ロングホイールベース、極限まで切りつめたオーバーハング、大径タイヤが支えることで醸し出す独特の見た目の浮遊感、大胆かつ鋭利に削ぎ落とした凛とした造形、大きな電動両側スライドドア「フライング・ウイング」など、伸びやかで優雅さを極めた革新的なプロポーションを実現している。
 前席を優先させたパーソナルなインテリアは、ドライバー/乗員にそれぞれ最適な空間デザインと、シートやトリムに上質な本革を用いるなど、大人の感性に響く洗練された味わいを表現している。
 そして、ホイールベース間に次世代のガソリン直噴ロータリーエンジン「13B-DI」とハイブリッドユニットをレイアウトした「直噴REハイブリッド」が、高出力と低燃費を高次元で両立するとともに、マツダのスポーツカーに共通する理想的な前後重量配分50:50と低重心化を実現。心躍るダイナミックな走りを発揮する。

■Mazda MX-Crossport
 Mazda MX-Crossportは、マツダのデザインDNAをさらに進化させ、Zoom-Zoomスピリットを体現した、スポーツカーとSUVの価値を併せ持った新しいタイプのクロスオーバービークルである。従来のSUVやクロスオーバーのカテゴリーを超え、スポーツカーの領域に踏み込んだデザインを目指す「アドバンストフロンティア」デザインコンセプトにより、スタイリングは立体的で大胆かつ力強く、遠くからでもひと目でマツダ車だとわかるユニークでひときわ目立つものとなっている。インテリアは4つのバケットシートを備え、スポーティなドライビング感覚を重視した、よりスポーツカーに近い個性を漂わせる。また、IT技術による各種のドライビングサポート機能も備えている。

■プレマシーハイドロジェンREハイブリッド
 プレマシーハイドロジェンREハイブリッドは、水素でもガソリンでも走行できるデュアルフューエルシステムを採用した水素ロータリーエンジンとハイブリッドシステムを組み合わせたコンセプトカーである。水素ロータリーエンジンとハイブリッドユニットをフロント横置きとしたFFレイアウトを採用し、2列目シート下に高電圧バッテリーを、3列目シートのスペースに大容量の高圧水素タンクを設置。この効率的なパッケージにより、水素ロータリーエンジン+ハイブリッドシステムの優れた環境性能と走りの楽しさ、そして室内空間のゆとりを高次元で両立している。

■新型MPV
 市販予定の新型MPVは、ミニバン独自の利便性を知り尽くしているユーザーに、所有することによろこびを感じる質感、自分のセンスを表現することができる洗練されたデザイン、マツダのDNAであるダイナミックで軽快な走りを高い次元でバランスさせた、次世代ミニバンを提案する。
 ミニバンからミニバンへ乗り換えるリピーターをターゲットカスタマーと想定し、室内の広さやユーティリティーといったミニバンの基本性能を進化させた上で、ミニバンの理想的なプロポーションを追求した存在感あふれるエクステリアデザインと、高品質な雰囲気を醸し出しつつ、キャビン全体が広々とした開放感あふれるインテリア。そしてこれまでのミニバンとは一線を画す、マツダのDNAが息づくダイナミックで軽快な走りを堪能できるドライビングフィールを追求し、パワートレインはMZR2.3Lに加え、直噴システムとターボチャージャーを組み合わせた「MZR2.3L DISI TURBO」と6速オートマチックトランスミッションも採用した。ミニバンにおいてもZoom-Zoomな走りを実現すると同時に、低燃費とクリーンエミッションも両立させている。また優れたハンドリングと快適な乗り心地の実現のために、高剛性のプラットフォームを新規に開発した。

2. 技術展示
<環境技術>

■MZR 2.3L DISI (Direct Injection Spark Ignition) TURBO
 マツダスピードアテンザに搭載されたこのエンジンは、2.3Lという比較的小さな排気量と直噴システムを基本として、ターボチャージャーを組み合わせることにより、従来成し得なかった優れた燃費性能を達成している。またマツダスピードアテンザのエンジンは、ターボエンジンで国産唯一のSU-LEV対応のクリーンな排出ガスで、ターボチャージャー特有の圧倒的な加速力、V6 3.5~4.0L級に比肩する豊かでフラットなトルクと優れたエンジンレスポンスの3点を高次元で同時に実現し、優れた環境性能と、Zoom-Zoomな走りを体感できる洗練されたハイパフォーマンスを両立した。マツダでは、この次世代エンジン「MZR 2.3L DISI TURBO」を、マツダスピードアテンザを始めとし、新型MPVなど様々な車種のスポーティグレードに搭載していく。

■スマート アイドリング ストップ システム
 直噴システムを基本とし、モーターを使わずにエンジンの再始動を可能にするアイドルストップ機構の提案。停止中のエンジンのシリンダー内に直接燃料を噴射して爆発させ、そのエネルギーでピストンを押し下げて再始動させる。燃費の向上はもとより、モーターを使わないため、静かで素早い再始動が可能になるほか、頻繁な再始動にも高い信頼性を確保することができる。

<安全技術>

■インテグレイテッド ビークルダイナミクス コントロール
 アクセル、ステアリング、ブレーキの各操作量から算出したドライバーが意図する車両の挙動と、各種センサーの情報から求めた実際の挙動とのギャップをコンピューターが計算し、その結果、横滑りの可能性があると判断した場合は、ブレーキとエンジンの制御に加え、電動パワーステアリングがアクティブにカウンターステアで制御する。急カーブなどで車両姿勢が不安定になった場合、自動的に立て直すよう、ドライバーのステアリング操作をサポートする。

■車車間通信による出会い頭衝突防止
 見通しの悪い交差点などで側方から来る車両や、対向右折車の陰になった対向直進車をドライバーの目視や車載センサー/カメラで捉えられない状況において、それらの接近車両と車車間通信で情報を交換することにより、いわゆる出会い頭の衝突防止をサポートする。車車間通信によって相手車両の存在を認知すると、ディスプレイ表示と音声情報でドライバーに注意を促す。

■アダプティブ フロントライティング システム
 夜間走行中のコーナリング時にヘッドライトのロービームの照射軸を、ステアリングの舵角や車速に応じて自動的に左右に回転させ、カーブや交差点等で進行方向を照射。これにより、夜間の視界・視認性を向上させ、ドライバーの安全走行をサポートする。この先進の予防安全技術をマツダで初めて新型MPVに採用する。