ニュースリリース

 (ご参考)

2006/02/20

クルマ・技術

マツダ、北米向け新型クロスオーバーSUV「マツダCX-7」の生産を開始

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社は、本日北米向け新型「マツダCX-7」の生産開始セレモニーを本社宇品第2(U2)工場にて行った。セレモニーには、井巻久一代表取締役社長兼CEO、マツダ・ノース・アメリカン・オペレーションズ(MNAO)のジム・オサリバン社長兼CEOをはじめ、役員、組合代表、社員ら約700名が出席した。このマツダCX-7は、今春から北米市場への導入を予定している。

 

 井巻社長は、「今日は、北米戦略車第一弾であるマツダCX-7の生産開始を皆さんで祝うことができて大変うれしく思う。マツダCX-7は北米を中心とした重要な車種と位置づけており、MNAOのジム・オサリバン社長も今回のセレモニーに出席し、一緒に祝うことができた。マツダはZoom-Zoomを体現した商品を今後もグローバルに展開していくため、さらに高品質なクルマづくりに向けて努力していく。引き続き北米チームと力をあわせて”One Mazda”でマツダCX-7の導入を成功させたい。」と述べた。

 

 マツダCX-7は、従来のSUVとは一線を画したクロスオーバーSUVである。マツダの象徴ともいえる「スポーツカースピリット」を体現し、これまでにない性能とデザインで『見る・運転する・使う』楽しさを提供している。今年の1月に開催されたロサンゼルス・モーターショー、及び、北米国際自動車ショーに出品し、その新しいコンセプトとスタイリッシュなデザインが好評を得ている。