ニュースリリース

 第1857号

2006/04/04

クルマ・技術

マツダ、ニューヨーク国際自動車ショーに新型クロスオーバーSUV「マツダCX-9」を出品 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ(株)は、4月12日(水)から23日(日)までニューヨークで開催される2006年ニューヨーク国際自動車ショー*に、7人乗りの新型クロスオーバーSUV「マツダCX-9」を出品する。1月のデトロイトショーで発表した「マツダCX-7」に続く、北米市場のニーズに焦点を当てデザイン・開発を行ったモデルの第2弾である。この他に、3月のジュネーブモーターショーで発表した「Mazda3」(日本名:マツダ アクセラ)のハイパフォーマンスモデル「Mazdaspeed3」(北米仕様、日本名:マツダスピード アクセラ)や「Mazda3」のマイナーチェンジモデルも出品する。

 

 マツダのプレスカンファレンスは、4月13日(木)9時10分(現地時間)を予定している。

 

*正式名称は「New York International Automobile Show」。プレスデーは4月12日~4月13日、一般公開日は
4月14日~23日。

 

マツダCX-9
マツダCX-9

 

 「マツダCX-9」は、マツダ車の象徴であるスポーツカースピリットを備え、従来のSUVとは一線を画した7人乗りの新型クロスオーバーSUVである。マツダの際立つデザインと優れたダイナミック性能に加えて、上級車にふさわしいクラストップの居住空間と想像を超える多彩な機能性を提供する。

 

 エンジンは、新型MZI 3.5L V6エンジンを搭載する。トランスミッションは6速電子制御オートマチック、駆動方式は4WD及び2WDを設定している。

 

 生産拠点は、宇品第1(U1)工場を予定しており、2007年初頭に北米市場へ導入予定である。