ニュースリリース

 (ご参考)

2009/05/14

クルマ・技術

新型「マツダ アクセラ」の予約受注を開始

-「i-stop(アイ・ストップ)」付2.0Lエンジン車、1.5Lエンジン車が「環境対応車」減税適応-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社は、今年6月11日に発売予定の新型『マツダ アクセラ』の予約受注を、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて、本日から開始します。車両本体予定価格は消費税込みで1,660,000円~2,678,000円です。

 

新型マツダ アクセラ「20S」(i-stop付モデル:市販予定車)
新型マツダ アクセラ「20S」(i-stop付モデル:市販予定車)

 

 『アクセラ』は2003年10月に初代モデルが発売され、セダン(4ドア)とスポーツ(5ドア)の2種類のボディタイプを含み、個性的で躍動感のあるスタイリング、スポーティな走行性能などが世界の市場で高く評価されています。グローバル累計販売台数は200万台を超え、全マツダ車の年間販売台数の3分の1以上を占めるマツダの基幹車種に成長しました。

 

 今回2代目となる『アクセラ』は、従来から評価の高いマツダらしいスポーティな走りや外観を継承・進化させるとともに、さらに質感が高く機能性に優れた室内空間、クラストップレベルの環境・安全性能を目指して開発されました。

 

 新型『アクセラ』では、素早いエンジン再始動と違和感の少ない操作性を特長とするマツダ独自のアイドリングストップ機能「i-stop(アイ・ストップ)」付モデル(「20C」、「20S」、「20E(2WD)」)を新たに設定し、車両本体予定価格を1,890,000円からとしています。

 

 環境性能について、全車が平成17年排ガス基準低減75%レベル(SU-LEV)を達成しています。また、2.0Lエンジン車(2WD車)は、i-stop機能によるアイドリング停止や、その他の多様な燃費改善技術によりクラストップレベル*1の燃費性能を実現、1.5Lエンジン車には自動無段変速機(CVT)を採用することにより、スポーティな走りとクラストップレベル*2の燃費性能を両立しています。

 

 また、上記の両モデルについては、環境対応車普及促進税制による自動車重量税および自動車取得税の減税対象となり、購入時には75%あるいは50%の減税が適応されます。

 

*1: 国内市場における2.0Lエンジン車。
*2: 国内市場における1.5Lエンジン車。

 

■新型「アクセラ」の車両本体予定価格(税込)は以下のとおり

ボディタイプ 機種 駆動 エンジン 変速機 予定価格(税込) 減税レベル
Sedan
(4ドア)
15C 2WD
(FF)
1.5L DOHC CVT 1,660,000円 50%軽減
20C 2.0L DOHC
DISI(i-stop)
5EC-AT 1,890,000円 75%軽減
20E 2,050,000円 75%軽減
20E(4WD) 4WD 2.0L DOHC 4EC-AT 2,100,000円
Sport
(5ドア)
15C 2WD
(FF)
1.5L DOHC CVT 1,660,000円 50%軽減
20C 2.0L DOHC
DISI(i-stop)
5EC-AT 1,890,000円 75%軽減
20S 2,140,000円 75%軽減
20E(4WD) 4WD 2.0L DOHC 4EC-AT 2,100,000円
マツダスピード
アクセラ
2WD
(FF)
2.3L DOHC
DISIターボ
6MT 2,678,000円
- 車両本体予定価格および減税レベルは2009年5月14日現在のもの。
- ボディカラーは全7色。