ニュースリリース

 (ご参考)

2009/11/26

クルマ・技術

『Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)』が欧州の安全性能総合評価で最高評価の5つ星を獲得

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 『Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)』の欧州仕様車が、欧州の新車に関する安全評価基準である「ユーロ NCAP(European New Car Assessment Programme)」*1において、2009年安全性能総合評価で最高評価の5つ星を獲得しました。

 

 ユーロ NCAPは2009年より、「成人乗員保護性能」、「子ども乗員保護性能」、「歩行者保護性能」、「安全補助」の総合評価による、新評価システムとなっています。

 

 『Mazda3』は、初代モデルが確立したダイナミックでスポーティーなスタイリング、爽快感溢れる走りを継承・進化させており、今回のユーロNCAPでの最高評価獲得と、先日の米国安全評価のひとつであるIIHS(Insurance Institute for Highway Safety)*2による衝突安全試験で最高等級の「Top Safety Pick(トップセーフティピック)2009」獲得により、その安全性能も世界トップレベルであることが認定されました。

 

 なお、すでにマツダでは2009年2月に『Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)』の欧州仕様車が、同じくユーロ NCAPの新評価システムに基づき、最高評価の5つ星を獲得しています。また、ユーロ NCAPの旧評価システムの「成人乗員保護性能」では、『Mazda5(日本名:マツダ プレマシー)』(2005年9月発表)と『Mazda2(日本名:マツダ デミオ)』(2007年12月発表)の各欧州仕様車も5つ星を獲得しています。

 

「Mazda3」(欧州仕様)
  「Mazda3」(欧州仕様)

 

*1 欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1997年より実施している自動車の安全性能評価
*2 米保険業界の非営利団体