ニュースリリース

 (ご参考)

2010/09/09

クルマ・技術

「マツダ アテンザ」、世界累計生産200万台を達成

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」が2010年8月末時点で世界累計生産200万台を達成したことを発表しました。これは、2002年2月に同社の防府第2工場(山口県防府市)で初代モデル生産を開始して以来、8年6ヵ月での達成となり、ブランドメッセージである“Zoom-Zoom”の展開を始めた2002年以降に新規導入した商品の中では、「マツダ アクセラ」に次いで2車種目となります。

 

 初代「アテンザ」は、マツダのブランドメッセージである“Zoom-Zoom”を体現する新世代商品群の第1弾として2002年に生産を開始した、スポーティなスタイリングと卓越した走行性能を持つミディアムカーです。2002年11月に日本で「2003年次RJCカーオブザイヤー」を受賞するなど、世界で130以上の賞を獲得し、多くのお客様から支持されています。

 

 また、2007年には「“Zoom-Zoom”のさらなる進化」をテーマにフルモデルチェンジを行い、初代モデルの特長を継承・進化させながら、環境・安全性能を大幅に向上させました。2009年2月には、欧州仕様車が安全評価基準「ユーロNCAP*」で、最高評価の5つ星を獲得しています。

 

2代目「マツダ アテンザ」セダン(国内仕様車)
2代目「マツダ アテンザ」セダン(国内仕様車)

 

 「アテンザ」は現在、マツダの防府第2工場(山口県)に加え、米国ミシガン州のオートアライアンス・インターナショナル(AAI)および中国吉林省長春市の一汽乗用車有限公司(FCC)でも生産されています。2010年1~8月における『アテンザ』の世界生産台数は約164,000台(前年比+約50%)と好調です。

 

 マツダの金井誠太 取締役専務執行役員(研究開発・プログラム開発推進担当)は、「『アテンザ』は、マツダのブランドイメージを世界中で構築した主力車種のひとつです。わたし自身、初代『アテンザ』の主査を務めたこともあり、このクルマには強い思い入れがあります。世界中のお客さまからご支持いただいたことにより、世界累計生産200万台を達成できました。お客さま一人ひとりに感謝いたします」と述べました。

 

 今後もマツダは、「優れた環境・安全性能」と「走る歓び」を兼ね備えた、「見て乗りたくなる、乗って楽しくなる、そしてまた乗りたくなる」魅力あふれるモデルをお客様に提供していきます。

 

* 欧州各国の交通関連当局などで構成された独立機関が1997年より実施している自動車の安全性能評価

 

<ご参考>「アテンザ」、累計生産200万台達成までの歩み

■初代「アテンザ」

2002年2月 防府第2工場で生産開始
2002年5月 国内および欧州で販売開始
2002年10月 AAIで生産開始
2003年3月 FCCで生産開始
2004年3月 AAIで「5ドアスポーツ」と「スポーツワゴン」生産開始
2006年2月 世界累計生産100万台を達成

 

■2代目「アテンザ」

2007年8月 防府第2工場で生産開始
2007年10月 欧州で販売開始
2008年1月 国内で販売開始
2008年7月 AAIで北米向けモデルの生産を開始
2009年4月 FCCで中国向けモデル(中国名:「Mazda6睿翼(Ruiyi)」)の生産を開始