ニュースリリース

  

2012/09/18

企業情報

在広島メキシコ合衆国名誉領事に金井誠太 代表取締役 副社長執行役員が就任

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、在広島メキシコ合衆国名誉領事に金井誠太 代表取締役 副社長執行役員が就任し、本日、広島市内で任命状授与式が行われたと発表しました。授与式には、クロード・ヘレル駐日メキシコ合衆国特命全権大使が同国政府を代表して参加し、金井副社長に在広島メキシコ合衆国名誉領事の任命状を授与しました。

 

 今回の就任にあたって、金井副社長は「マツダは、2013年度中の操業開始に向けて、メキシコ合衆国に新工場を建設中であり、同工場がマツダにとって極めて重要な拠点となることは言うまでもありません。これからも同国と高い信頼と友好関係を常に維持していく上で、メキシコ合衆国名誉領事として、同国と管轄地域との産業、観光、文化などにおける関係促進の支援に尽力してまいります」と述べました。

 

 金井副社長の就任にともない、在広島メキシコ合衆国名誉領事館がマツダ社内(広島県安芸郡府中町)に設置され、管轄地域である広島県、山口県、島根県と、メキシコ合衆国との文化・経済交流活動の支援に努めていくことになります。