ニュースリリース

  

2012/11/29

クルマ・技術

「マツダ CX-5」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考結果が本日公表され、クロスオーバーSUV『マツダ CX-5』が、「2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

 

2012-2013 日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダ CX-5「XD L Package」
マツダ CX-5「XD L Package」

 

 「CX-5」は、初めて「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1をエンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのすべてに採用し、上質で気持ちのいい走りと、優れた環境・安全性能を両立させました。また、マツダの新デザインテーマ「魂動(こどう)」を初めて全面的に採用し、獲物に飛びかかろうとするチーターを彷彿とさせる、生命力と躍動感を研ぎ澄ませたスタイリングとしました。

 

 同車の新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車は、最大トルク420N・mによる4.0L V8ガソリンエンジン車並みの力強い走りと、すべてのSUVの中でトップ*2の優れた燃費性能18.6km/L(JC08モード、2WD車)を両立しています。
 今年2月に発売した「CX-5」は、発売から約9ヵ月で、月間販売計画1,000台の3年分を超える、37,000台を受注し、好調な販売を継続しています。

 

 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考対象車は、前年の11月1日から当年の10月31日までに日本国内で発表または発売され、年間500台以上の販売が見込まれるすべての乗用車です。マツダ車による同賞受賞は、2005年の「マツダ ロードスター」以来、7年ぶり4回目です。

 

 マツダの藤原 清志 執行役員は「皆さまから熱い応援を頂き、この度『CX-5』が、このような名誉ある賞を受賞できたことを大変うれしく思います。この賞を励みに、次の世代に向けて、これからもお客様から支持していただけるマツダらしいクルマ造りに、精進してまいります」と述べました。

 

  • *1 マツダの新世代技術の総称。具体的にはディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」、オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」、軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボディ」、高性能軽量シャシー「SKYACTIVシャシー」。
  • *2 2012年11月時点(マツダ調べ)