ニュースリリース

  

2013/11/01

企業情報

マツダ、台湾における販売体制を強化

-2013年度中に販売統括会社を設立し、2014年度上期に営業開始-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、台湾におけるマツダブランドおよび販売体制のさらなる強化・拡大を図るため、2013年度中に販売統括会社を設立し、2014年度上期に営業開始することを発表しました。これにより、マツダが主体となって、ブランドや販売などの戦略を立案・実行できる体制を構築します。

 

 設立する販売統括会社は、これまでマツダ車のディストリビューターであった「Ford Distribution Taiwan Ltd」(以下、FDTL)から、車両の輸入・販売やカスタマーサービスなどマツダのオペレーション業務を引継ぎ、既存の販売ディーラーを中心にマツダ車の販売体制を強化・発展させていきます。なお、販売統括会社の営業開始までの期間におけるマツダの業務はFDTLが継続して行います。

 

 また現在「Ford Lio Ho Motor Co., Ltd.」で現地組立している台湾市場向け「Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)」と「Mazda5(日本名:マツダ プレマシー)」の生産は今後も継続していきます。

 

 販売統括会社設立にあたり、中国および台湾事業を担当するマツダの渡部 宣彦(わたべ のぶひこ)執行役員は、「台湾は、年間販売台数が35万台規模で、日本車の人気が非常に高い市場です。マツダは、『SKYACTIV技術』と新デザインテーマ『魂動(こどう)-Soul of Motion』を採用した新世代商品を軸にマツダブランドをさらに高めるとともに、マツダのビジネスが台湾の自動車産業の発展に貢献することを期待しています。また今後FDTLとの業務の引き継ぎを計画的かつ円滑に進めることにより、新たな販売統括会社においても、すべてのお客様に高品質な車両や顧客満足を第一に考えたサービスなどをご提供することをお約束します」と語りました。