ニュースリリース

  

2013/11/23

クルマ・技術

「マツダ アテンザ」が「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞」を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催する「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終選考において、『マツダ アテンザ』が、秀でたデザイン、ドライブフィールなどを持つクルマに与えられる「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー エモーショナル部門賞」を受賞しました。

 

2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー マツダ アテンザ セダン「XD L Package」
マツダ アテンザ セダン「XD L Package」

 

 「アテンザ」は、新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*1と、新デザインテーマ「魂動(こどう)」を採用したマツダのフラッグシップモデルです。

 

 エクステリアでは、凛とした存在感と、生命感のあるダイナミックな美しさを表現し、このデザインを際立たせる特別なボディカラーとして「ソウルレッドプレミアムメタリック」をマツダ車として初めて採用しました。ソウルレッドプレミアムメタリックは、こだわりをもつ職人の手で作り出すような精緻で高品質な「匠塗(TAKUMINURI)」専用プログラムで塗装されています。
 またインテリアでは、素材や触感、操作機器の形状にこだわり、上質でスポーティな雰囲気の中に機能性や快適性を融合させました。

 

 昨年11月に発売した「アテンザ」は、発売から約1年間で、年間販売計画12,000台の2倍にあたる、24,000台強を受注し、好調な販売を継続しています。

 

 なお、「2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー スモールモビリティ部門賞」では、『スズキ スペーシア&スペーシアカスタム』と共に『マツダ フレア ワゴン』が受賞しました。

 

 「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考対象車は、前年の11月1日から当年の10月31日までに日本国内で発表または発売され、年間500台以上の販売が見込まれるすべての乗用車です。

 

  • *1 マツダの新世代技術の総称。具体的にはディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G」、オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」、軽量高剛性ボディ「SKYACTIVボディ」、高性能軽量シャシー「SKYACTIVシャシー」。