ニュースリリース

  

2014/02/25

クルマ・技術

「マツダ アクセラ」が世界累計生産400万台を達成

-2003年6月の初代生産開始から10年7ヵ月で到達-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」の累計生産台数が2014年1月22日に400万台に達したことを発表しました。2003年6月の生産開始から10年7ヵ月での累計生産400万台達成は、マツダ車として最短記録の更新になります。

 

 「アクセラ」はこれまでに世界約120以上の国と地域で販売され、マツダの年間販売台数の約3割を占める基幹モデルです。マツダ防府工場(山口県防府市)、長安マツダ汽車有限公司(中国)、オートアライアンス(タイランド)に加えて、2014年1月に量産を開始したマツダデメヒコビークルオペレーション(メキシコ)の世界4拠点で生産されています。

 

「マツダ アクセラ」(日本仕様車)
「マツダ アクセラ」(日本仕様車)

 

 「アクセラ」は初代モデルの登場以来、エモーショナルなデザインや優れたレスポンスをもった楽しい走りがグローバルに高く評価され、常にお客様の期待を超える新しい価値を提供してきました。2013年にフルモデルチェンジした3代目「アクセラ」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動」を全面的に採用した新世代商品の第3弾として、同年秋から北米や欧州、日本、豪州などで順次導入しています。また、日本市場にはハイブリッドモデルを新たに設定し、お客様の多用化するニーズに、走る歓びと優れた環境・安全性能でお応えしています。

 

 マツダは今後も、「アクセラ」を応援し続けてくださる世界中のファンの皆様に、高い品質の車両を安定してお届けできるようなモノづくりを実現していきます。