ニュースリリース

  

2014/04/14

企業情報

マツダ、SKYACTIV技術搭載車のグローバル生産台数が100万台を突破

-CX-5の生産開始以来、2年4か月で到達-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「SKYACTIV技術」を全面的に採用した「マツダ CX-5」、新型「マツダ アテンザ」、新型「マツダ アクセラ」のグローバル生産台数が、2014年3月末までに合計104万台となり、100万台を突破したと発表しました。これは、2011年11月にCX-5を生産開始して以来、約2年4か月での到達となります。

 

左から、「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」、「マツダ アクセラ」
左から、「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」、「マツダ アクセラ」

 

 マツダは、マツダ車をご購入いただいたすべてのお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を提供することを目指しています。そこで、クルマの基本性能となるエンジンやトランスミッションなどの効率改善や車両の軽量化などを妥協することなく徹底的に追求した革新的なベース技術である「SKYACTIV技術」を開発し、上記の新世代商品に搭載しました。それらの車種には、野生動物の動きが持つ強さ、美しさ、そして緊張感を表現する「魂動(こどう)」デザインも採用しています。

 

 今回の100万台突破を受けて、マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは「マツダが渾身の力を入れて開発したSKYACTIV技術搭載車は、広く世界中のお客さまにご好評いただき、このたび100万台を突破することができました。ご購入いただいた全てのお客さまに心から感謝申し上げます。今後も、グループ一丸となって飽くなき挑戦と努力を重ね、より魅力的なクルマをお届けすることにより、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に長く続く特別な絆を築いていきたいと考えています」と述べました。

 

 2014年3月末現在、マツダはSKYACTIV技術搭載車3車種を、日本、メキシコ、タイ、中国で生産しており、合わせて100以上の国と地域で販売しています。2016年3月期までにSKYACTIV技術を搭載したモデルを更に5車種投入する予定であり、引き続き更なるラインナップの拡充に努めていきます。

 

生産台数の推移(累計)
生産台数の推移(累計)

 

SKYACTIV技術搭載車のあゆみ

生産 その他主な出来事
2009 11   第41回東京モーターショーで「マツダ SKY(スカイ)コンセプト」を発表
2011 11 本社工場で「CX-5」の生産を開始  
2012 2   「CX-5」を日本で発売
8 防府工場で新型「アテンザ」の生産を開始
本社工場の「CX-5」の生産能力を16万台から20万台に増強
 
11   新型「アテンザ」を日本で発売
「CX-5」が「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞
2013 1   「CX-5」が2012年SUV国内販売台数第1位を獲得
2 本社工場の「CX-5」の生産能力を20万台から24万台に増強  
6 防府工場で新型「アクセラ」の生産を開始  
7 中国で「CX-5」の生産を開始  
11   新型「アテンザ」が「RJCカーオブザイヤー」を受賞
新型「アクセラ」を日本で発売
2014 1 メキシコで新型「アクセラ」の生産を開始
中国で新型「アテンザ」の生産を開始
新型「アテンザ」が2014 カナダ・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞
「CX-5」が2013年SUV国内販売台数第1位を獲得(2年連続)
3 タイで新型「アクセラ」の生産を開始 新型「アクセラ」が2014 ワ−ルド・カー・オブ・ザ・イヤー トップ3 ファイナリストに選出
4 中国で新型「アクセラ」の生産を開始  

 

<参考URL>

▼ SKYACTIV技術

URL: http://www.mazda.co.jp/beadriver/skyactiv/

▼ 「魂動(こどう)」デザイン

URL: http://www.mazda.co.jp/philosophy/design/