ニュースリリース

  

2014/12/19

クルマ・技術

「マツダ アテンザ」が世界累計生産300万台を達成

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツダ アテンザ(海外名:Mazda6)」の世界累計生産台数が2014年11月末までに300万台*1に達したことを発表しました。2002年2月に防府第2工場(山口県防府市)で初代モデルの生産を開始して以来、約12年9ヵ月での300万台達成は、「マツダ アクセラ(海外名:Mazda3)」に続いて2番目に早い記録となります。

 

 初代より一貫して「走る歓び」を追求してきた「アテンザ」は、マツダのブランドメッセージ“Zoom-Zoom”とともに、マツダの商品ラインナップをけん引してきました。現在は、防府工場と中国の「一汽乗用車有限公司」(FCC)で生産しているほか、ロシアの「マツダソラーズマヌファクトゥリングルース」とベトナムの「ヴィナマツダCo.,LTD」でも現地組立を行っています。

 

「マツダ アテンザ」(日本仕様車)
「マツダ アテンザ」(日本仕様車)

 

 2012年にフルモデルチェンジした現行の3代目「アテンザ」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品の第2弾で、日本で「2014年次RJCカーオブザイヤー」を受賞したほか、「2013ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」の最終選考にノミネートされるなど、これまでに全世界で40以上*2の賞を受賞しており、グローバルに高い評価をいただいています。

 

 また、2015年1月より、「アテンザ」の改良モデルを、米国や日本をはじめグローバルに順次導入していく予定です。この改良モデルは、より洗練されたデザイン表現、上質さと快適性を高めたダイナミック性能、カーコネクティビティシステム「Mazda Connect(マツダ コネクト)」*3や先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*4など、マツダの最新の技術や思想を反映し、その魅力を深化・熟成しています。

 

 マツダは今後も、世界中のお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を持つ商品をお届けすることで、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 

  • *1 初代:1,945,850台、2代目:718,882台、3代目:335,773台、合計:3,000,505台。
  • *2 2014年10月末時点、マツダ調べ。
  • *3 日本、米国、カナダ、メキシコでの名称。その他の市場での名称は「MZD Connect」。
  • *4 装備の採用は国や市場によって異なります。