ニュースリリース

  

2015/03/18

その他

マツダ、「ミラノデザインウィーク2015」に出展

-「Mazda Design クルマはアート」を開催、独自デザインのアートワークを展示-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、イタリアのミラノにおいて4月14日から19日の期間で開催される「ミラノデザインウィーク2015」*に出展、ミラノ市内のブレラ地区において『Mazda Design クルマはアート』を開催します。

 

 「クルマはアート」というスローガンのもと、マツダのデザイナーは、人の心を動かすクルマのデザインに日々挑戦しています。特に、動きのある造形や光のうつろい等による生命感の表現を進化させるために、時にはクルマ以外の作品の創作を通じて、モノに魂をふき込むための技術や表現力に磨きをかけています。

 

 今回の『Mazda Design クルマはアート』においては、こうしたデザイン研鑚の過程で生まれたアートワークを、進化したデザイン表現を適用したコンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」や2人乗り小型オープンスポーツカー「マツダロードスター」といったマツダの最新モデルとともに展示します。

 

 マツダは2013年に「ミラノデザインウィーク」に初出展し、今回が2回目となります。『Mazda Design クルマはアート』を通じて、マツダのデザイン領域における取り組みを、世界有数のデザインイベントにおいてご紹介します。

 

  • * 同時期に開催される「ミラノサローネ国際家具見本市」に併せて、ミラノ市内の各所で実施されるデザインイベントの総称。家具や工業製品などの展示会や、パフォーマンス、講演など、様々なデザインに関連するイベントが開催される。