ニュースリリース

  

2015/04/14

クルマ・技術

マツダ、独自デザインの自転車やソファを公開

-「凛」や「艶」を表現した「Mazda Design クルマはアート」をミラノで開催-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、4月14日からイタリアのミラノで開催される『Mazda Design クルマはアート』に先立って、独自にデザインした自転車「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」やソファ「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」などのアートワークを初公開しました。

 

 マツダは、動き・躍動感の表現に一貫して注力しながら、クルマのデザインに取り組んできました。近年は、「魂動(こどう)-Soul of Motion」というデザインテーマのもと、野生の生き物のように生命力に満ちた力強い動きを、クルマのデザインで表現してきました。

 

 今回の『Mazda Design クルマはアート』においてマツダは、研ぎ澄まされた品格である「凛(りん)」、人の情念に訴えかける「艶(えん)」という日本の美意識に根ざした感性に着目し、その表現を試みることにより、動きの表現のさらなる進化を図っています。

 

 「Bike by KODO concept」は、自転車本来の美しさを追求したトラックレーサーであり、パーツ点数を極力抑えたシンプルな構造をベースに、1枚の鉄板からたたき出し丁寧に成形したフレーム、「マツダ ロードスター(海外名:MX-5)」と同じ意匠の赤色ステッチを施した手縫いの黒革サドルを採用。「ロードスター」のスタイリングを想起させる躍動感・艶やかさを表現しています。

 

「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」
「Bike by KODO concept(バイク・バイ・コドーコンセプト)」

 

「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」
「Sofa by KODO concept(ソファ・バイ・コドーコンセプト)」

 

 「Sofa by KODO concept」は、マツダのデザイナーとイタリアの家具職人の共同作業により生まれたアートワークであり、マツダデザインの研ぎ澄まされた感性と、伝統に裏打ちされたイタリアのクラフトマンシップがバランス良く融合。マツダ車に共通する力強いスタンスを表現しながら、「マツダ CX-3」に特長的な研ぎ澄まされた造形をもつソファです。

 

 また、銅板を繰り返し叩くことにより理想のかたちを創りあげる玉川堂による鎚起銅器「魂銅器(こどうき)」、幾重にも塗り重ねた漆と細かく砕いた卵の殻により自然の営み・豊かさを表現した卵殻彫漆箱「白糸(しらいと)」(金城一国斎作)といった、マツダのデザインテーマ「魂動」に共感して創作された日本の伝統工芸も公開しています。

 

 マツダの毛籠 勝弘(もろ まさひろ)常務執行役員(営業領域総括、グローバルマーケティング・カスタマーサービス・販売革新担当)は次のように述べています。「世界の優れたデザインが集まるミラノにおいて、私たちのデザイン領域における新たな取り組みを紹介させていただくことは、マツダデザインの存在感を高めるとともに、マツダブランドの強化につながると考えています。今後もマツダは、様々なチャレンジを通じてお客様から共感いただき、お客様と特別な絆でつながるブランドを目指して、努めてまいります。」