ニュースリリース

  

2015/06/26

その他

マツダ、2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに参加

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)のイギリス現地法人マツダ・モータース・UK(以下、MMUK)は、このたび、イギリスのサセックス州グッドウッドにおいて、2015年6月26日(金)~28日(日)に開催される世界最大級のヒストリック・モータースポーツイベント「2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」(2015 Goodwood Festival of Speed*1)に参加します。

 

 毎年このイベント会場には、その年のテーマを象徴する巨大なモニュメント「セントラル・フィーチャー」(Central Feature)が飾られますが、今年はマツダがその栄誉にあずかることとなりました。

 今年のモニュメントは、マツダの輝かしいモータースポーツの歴史と、マツダの飽くなき挑戦を支えるチャレンジ・スピリットと、スタイリッシュで生き生きとしたマツダ車を象徴しています。ルマン24時間耐久レース総合優勝を果たした唯一の日本車「マツダ787B」(レプリカ)と、昨年ドライビングシミュレーションゲーム「グランツーリスモ6*2」用に公開した「マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ」のフルスケールモデルを、高さ40mに及ぶ格子状に組まれた鋼鉄製のモニュメントの先端に配置しました。

 世界初公開となるフルスケールモデルをモニュメントにディスプレイするのは今回が初の試みです。

 

 今回のモニュメント制作について、マツダのデザイン本部長 前田育男執行役員は、「グッドウッドのセンターピース・モニュメントでマツダのブランドを、デザインフィロソフィーである“魂動”(こどう)で表現したいと考えました。今年で18回目のモニュメント制作となるジェリー・ジューダ氏(Gerry Judah)が、まさに魂動といえる、心を打たれるような美しい形の中にマツダブランドを忠実に表現してくれました。軽快さと強さがあり、そしてクルマの動きとエネルギーも備えており、マツダを表すすばらしいオブジェです。」と述べました。

 

 今後もマツダは、お客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 

2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード セントラル・フィーチャー(イメージ)
2015年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード セントラル・フィーチャー(イメージ)

 

マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ(フルスケールモデル)
マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ(フルスケールモデル)

 

*1 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード https://grrc.goodwood.com/section/festival-of-speed/

*2 グランツーリスモ公式サイト http://www.gran-turismo.com/jp/