ニュースリリース

  

2015/07/08

クルマ・技術

マツダ、新世代ヘッドランプ技術「アダプティブ・LED・ヘッドライト」で第9回キッズデザイン賞を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、このたび、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」に採用の新世代ヘッドランプ技術「アダプティブ・LED・ヘッドライト」で、第9回キッズデザイン賞*(こども視点の安全安心デザイン 一般部門)を受賞しました。マツダの自動車技術が受賞するのは、昨年の「子ども視点で開発するMAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS(マツダ・テクノロジー・フォー・キッズ)」(内閣総理大臣賞)から2年連続となります。

 

 キッズデザイン賞とは、「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン」「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」「子どもたちを産み育てやすいデザイン」の3つのデザインミッションから構成された顕彰制度です。受賞作品には、「キッズデザインマーク(KDマーク)」の使用が認められます。

 

「マツダ CX-5」 「マツダ アテンザ」 「キッズデザインマーク(KDマーク)」
「マツダ CX-5」 「マツダ アテンザ」 「キッズデザインマーク(KDマーク)」

 

 「アダプティブ・LED・ヘッドライト」は、夜間でもドライバーが安全・安心に走行できる視界環境の提供をめざして開発されたもので、グレアフリー(防眩)ハイビーム、ワイド配光ロービームにより、夜間、道路を横断中や路肩にいる子どもを視認しやすくするなど、「子ども視点で開発するMAZDA TECHNOLOGY FOR KIDS」の考え方に基づいた技術が評価されました。

 

「グレアフリー(防眩)ハイビーム」
「グレアフリー(防眩)ハイビーム」

 

「ワイド配光ロービーム」
「ワイド配光ロービーム」

 

 マツダは今後も、安全技術の研究・開発を進め、積極的に展開していくことにより、すべてのお客様に「走る歓び」と「優れた環境安全性能」をお届けすることを通して、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して参ります。

 

 

【ご参考】

■特定非営利活動法人(内閣府認証NPO)キッズデザイン協議会

http://www.kidsdesign.jp/

 

■「アダプティブ・LED・ヘッドライト」等、マツダの安全技術のご紹介

http://www2.mazda.co.jp/beadriver/safety/i-activsense/