ニュースリリース

  

2015/11/19

クルマ・技術

マツダ、新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「CX-9」を世界初公開

-新世代商品群の頂点となる北米戦略モデル-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、ロサンゼルスオートショー*1にて新型3列ミッドサイズクロスオーバーSUV「マツダ CX-9」を世界初公開しました。新型「CX-9」は、新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した新世代商品群のハイエンドモデルです。年間約5万台のグローバル販売計画台数の約8割を北米市場が占める北米戦略モデルとして、2016年春より、北米から順次販売を開始する予定です。

 

新型「マツダ CX-9」(北米仕様車)
新型「マツダ CX-9」(北米仕様車)

 

 新型「CX-9」は、主に成熟したファミリー層を対象に、機能やスペックを超えた上質な心地よさをお届けすることで、「親としてだけではない、人生のさまざまな側面をスマートに輝かせる新しいクロスオーバーSUV像」を提案します。よりプレミアムな世界観を追求した最新の「魂動」デザイン、上質さを高めた「人馬一体」の走り、卓越した燃費性能はもちろん、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」や新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」、使いやすく快適な室内空間などで*2、現代の家族のニーズに応えます。また、パワートレインには新開発の2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」をマツダ車として初めて搭載します。

 

 小飼 雅道(こがい・まさみち)代表取締役社長兼CEOは、次のように語っています。「マツダはミッドサイズSUVセグメントへの新型CX-9の投入により、新世代商品のラインナップ強化を図り、北米における継続的な成長と更なる飛躍を目指してまいります。今後もマツダは、商品ラインナップ全体の進化に挑戦を続けていくとともに、マツダブランドのより一層の魅力向上に努め、お客さまとの特別な関係、強い絆を築いていきます。」

 

  • *1 正式名称は「Los Angeles Auto Show」。プレスデーは11月17日から19日、一般公開日は11月20日から29日まで。
  • *2 設定は市場、仕様によって異なります。