ニュースリリース

  

2015/11/27

クルマ・技術

新型「マツダ ロードスター」が「2015〜2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、新型『マツダ ロードスター』および新型「ロードスター」の開発グループが、特定非営利活動法人(NPO)の「日本自動車殿堂(小口 泰平 会長)」による、「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」を受賞したことを発表しました。授賞式は本日、マツダ東京本社にて行われました。マツダ車による同賞受賞は、2003~2004の「マツダ RX-8」に続いて3回目となります。

 

新型「マツダ ロードスター」 「2015~2016日本自動車殿堂カーオブザイヤー」ロゴ
新型「マツダ ロードスター」  

 

 新型「ロードスター」の受賞理由は以下の通りです。

  • 洗練されたオープンスポーツカーデザイン
  • 軽量高剛性ボディによる卓越した走行性能と低燃費
  • 進化した「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」*

 

 新型「ロードスター」は、「SKYACTIV技術」*とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用した新世代商品の第6弾となるモデルです。人がクルマを楽しむ感覚の深化に徹底的に取組み、「人馬一体」の楽しさを追求した、後輪駆動(FR)の2シーターライトウェイトオープンスポーツカーです。

 

 マツダの小飼 雅道 代表取締役社長兼CEOは、「この度新型『ロードスター』がこのような名誉ある賞を受賞することができ、我々が目指すクルマづくりが皆さまに認めていただけたことを嬉しく思います。マツダは今後もお客さまの人生を輝かせることのできるクルマづくりを追求し、お客さまに選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指していきます」と述べました。

 

  • *  「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で調和することを目標に開発しているエンジン(ガソリン・ディーゼル)、トランスミッション、ボディ、シャシーなどの新世代技術の総称。