ニュースリリース

 

2017/01/26

クルマ・技術

リトラクタブルハードトップモデル「マツダ ロードスター RF」の販売好調

−美しいファストバックスタイルとオープンエアの楽しさとの両立が好評−

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、昨年12月22日に発売した『マツダ ロードスター RF』の累計受注台数が、1月23日時点で2,385台になったと本日発表しました。「ロードスター RF」の月間販売計画は250台です。

 

マツダ ロードスター RF 「VS」
マツダ ロードスター RF 「VS」

 

 グレード別の受注構成比は、「S」が17%、「VS」が61%、「RS」が22%となっており、また、トランスミッション別ではAT(自動変速機)とMT(手動変速機)が約5割ずつとなっています。ボディカラーでは力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立することで、鉄の無垢感のような質感表現を実現し、オートカラーアウォード2016*1でグランプリを受賞した「マシーングレープレミアムメタリック」が48%と最も多くなっています。次に「ソウルレッドプレミアムメタリック」が20%と、魂動デザインの造形美をより質感高く際立たせる塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」を採用した外板色が約7割を占めています。内装では「VS」に設定した上質なナッパレザーを使用したオーバーン(赤褐色)のシートカラーが好評です。

 「ロードスター RF」の顧客層は20代から60代以上まで幅広く、お客様からは「オープン時・クローズ時双方のスタイルが良い」「スタイル・荷室スペースを犠牲にしていないことが魅力」「今後も楽しいクルマづくりを期待している」などの声がマツダに寄せられており*2、マツダが「ロードスター RF」で提案した美しいデザインとマツダの挑戦し続ける姿勢に多くの共感を頂いています。

 「ロードスター RF」は、先代モデルで目指した「オープンカーの楽しさを身近に」という想いはそのままに、ルーフから車両後端まで、なだらかに傾斜するラインが特徴的な「ファストバック」スタイルを採用、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブルハードトップモデルとしてより幅広いお客様に新たな価値をお届けすることに挑戦した2シーターライトウェイトオープンスポーツカーです。

 マツダは、この「ロードスター RF」をはじめ、さまざまな接点を通じて、お客様の人生においてかけがえのない存在となり、お客様と特別な絆でつながり、選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指してまいります。

 

  • *1 一般社団法人 日本流行色協会(JAFCA)主催
    マツダ ロードスター RFに採用した外装色「マシーングレープレミアムメタリック」、内装色「オーバーン」がグランプリを受賞
  • *2 販売店における展示会アンケートのコメントから抜粋