ニュースリリース

 

2017/02/21

CSR・環境・社会活動

マツダ、「健康経営優良法人~ホワイト500~」の認定を取得

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、経済産業省と日本健康会議が共同で進める「健康経営優良法人認定制度」において、「健康経営優良法人~ホワイト500~」に認定されました。

 「健康経営優良法人認定制度」は、地域の健康課題に即した取組や、日本健康会議が進める健康増進の取組の中で、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度であり、今年度より運用が開始されたものです。今回マツダは、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門」において、「健康経営優良法人~ホワイト500~」の認定を取得しました。

 マツダでは、「安全と健康が最優先」という考えのもと、どこよりも「人」と「組織」が活性化した企業を目指し、健康診断の実施をはじめ、メンタルヘルス対策や生活習慣病対策の推進など、従業員の健康の保持・増進に向けた取り組みを続けてきました。また、部門特性を踏まえた問題解決活動が実践され、個人と組織が一体化した「自律型のいきいき職場」の実現を重点目標に掲げ、感性の高い人づくりや、安全安心で快適な職場環境の整備など、国内外のグループ会社も含めた全社的な健康づくり活動を推進しています。

 マツダは、今回の認定取得を励みに、今後も従業員が心身ともに健康で、活力と一体感のある職場づくりに取り組むとともに、良き企業市民として地域・社会に貢献してまいります。