ニュースリリース

 

2017/03/07

クルマ・技術

新型「マツダ CX-5」の販売が好調

−深化した一体感のある走りやデザイン・質感に加え、充実した安全装備が好評−

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2月2日に発売した新型『マツダ CX-5』の累計受注台数が、発売開始後、約1カ月経過した3月5日時点で16,639台となったことを本日発表しました。新型「CX-5」の月間販売計画台数は2,400台です。

 

「マツダ CX-5 XD L Package」
「マツダ CX-5 XD L Package」

 

 新型「CX-5」は、ドライバーだけでなく同乗者も含めた「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させ、いまマツダがもつ最高のデザインと技術を導入したクロスオーバーSUVです。

 グレード別の構成比は、人間中心の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」に基づき開発した、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」を充実させたグレードが全体の95%を占めています(最上級グレードの「L Package」が49%、先進ライトである「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」や「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など先進装備を充実させた「PROACTIVE」が46%)。

 下取車のタイプはSUV(46%)に次いでミニバン(20%)が多く、ファミリー層のお客さまからもお選びいただいています。また下取車のうち初代「CX-5」の下取が39%となっており、マツダが今回のモデルチェンジで目指した「深化・熟成」に対し、初代「CX-5」オーナーからも多くご支持をいただいています。

 年代別では30代、40代を中心に20代から60代以上までと幅広く、旅行やアウトドア、ドライブといったロングツーリングから普段の買い物や通勤など、さまざまなシーンでお乗りいただいています。
 ご購入いただいたお客さまからは、「滑らかでとても走りやすく、もっといろいろな道を走りたいと思わせる」「静粛性が秀逸」「デザインが魅力的で品質の高さも感じられる」「安全装備が充実している」「アクティブ・ドライビング・ディスプレイが見やすく、視線移動が少ないことを実感」*などの声をいただいており、人間中心という一貫した思想のもと、深化した新型「CX-5」の走りやデザイン、質感、安全性能などに、多くのお客さまから共感をいただいています。

 マツダは、この新型「CX-5」をはじめ、さまざまな接点を通じて、お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆でつながり、選ばれ続けるオンリーワンのブランドになることを目指してまいります。

 

  • * マツダオフィシャルサイト内「Driver's Voice」(http://www2.mazda.co.jp/carlife/voice/cx-5/)に投稿いただいたオーナーのコメント、およびマツダ主催アンケートから抜粋。