ニュースリリース

 

2017/03/13

クルマ・技術

マツダ、防府工場における新型「CX-5」の生産を決定

−グローバルに高まるSUV需要への対応をさらに強化−

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、現在、本社工場で生産している新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」を、本年11月から防府工場(山口県防府市)においても生産することを決定したと発表しました。これにより、グローバルに高まるSUV需要への柔軟かつスピーディーな対応を強化します。

 マツダは、中期経営計画「構造改革ステージ2」(2017年3月期〜2019年3月期)で掲げているグローバル販売台数165万台の達成に向けて、クロスオーバー系車種を需要に応じて柔軟に生産できる体制の構築に取り組んでおり、昨年12月には、本社工場に加え、防府工場においてもコンパクトクロスオーバーSUV「マツダCX-3」の生産を開始しました。

 本年2月に国内で販売を開始した新型「CX-5」は、発売から約1カ月で月間販売計画台数の約7倍にあたる16,639台を販売し、お客さまからご好評をいただいています。

 グローバル生産を担当する圓山 雅俊(まるやま まさとし)常務執行役員は、「『CX-3』に続き、『CX-5』も防府で生産することで、工場間・車種間のフレキシブルな生産体制のさらなる強化を図り、お客さまからのクロスオーバー系車種へのご要望に、より迅速にお応えできるよう、全力を尽くして参ります」と述べました。

 今後もマツダは、お客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。