ニュースリリース

 

2017/06/28

クルマ・技術

「マツダ CX-3」にガソリンエンジン車を追加

−ガソリン車はWLTCモードの認可を取得、全車が「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」*1に該当−

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、コンパクトクロスオーバーSUV『マツダ CX-3』にガソリンエンジン車を追加するなど一部改良して、全国のマツダ販売店を通じて発売する*2ことを、本日発表しました。

 

「マツダ CX-3」(ガソリンエンジン搭載の「20S L Package」2WD車)
「マツダ CX-3」(ガソリンエンジン搭載の「20S L Package」2WD車)

 

 今回の改良において、新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車を新たに設定。新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」車に加え、お客さまに新たな選択肢を提供します。ガソリンエンジン車は、2018年10月以降に表示が義務化される燃費モード「WLTCモード」*3の認可を先行して取得。実際の使用実態を踏まえた燃費性能の向上に、今後も取り組んでいきます。

 また、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」*4を全車に標準装備することにより、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」の最高ランクとなる「サポカーS・ワイド」*1に全車が該当。マツダの安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」*5にもとづいて安心・安全なクルマをお届けすることに、今後も努めていきます。

 さらに、新型「CX-5」で初導入したボディカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」を設定。高い評価を頂いている魂動デザインの、さらなる質感の向上を図っています。

 マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。このために、人とクルマの関係性の「あるべき姿」を追い求め、モデルチェンジなどのタイミングにとらわれず、各モデルの熟成、進化を行ってまいります。

 

■「マツダ CX-3」一部改良の概要は以下のとおり

1. ガソリンエンジン車を追加

  • 新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」車は、レスポンスが良く気持ちのよい走りを実現。また、環境性能では、平成30年排ガス基準の75%低減を達成。
  • ガソリンエンジン車は、「WLTCモード」*3の認可を取得。「WLTCモード」は、「市街地モード(WLTC-L)」、「郊外モード(WLTC-M)」、「高速道路モード(WLTC-H)」と3つの走行モードで構成された国際的な試験方法。JC08モードに比べ、冷機状態での走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した測定方式になっています。

 

2. 先進安全技術を全車に標準装備(「サポカーS・ワイド」*1に全車が該当)

マツダは2017年度中に、国内で販売する主要5車種*6を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」*4を全車で標準装備することを公表。4月に発表した「デミオ」に続いて、今回の『CX-3』は「i-ACTIVSENSE」*4全車標準車種の第2弾となります。また、マツダ車として初めて、「サポカーS・ワイド」*1に全車該当します。

『CX-3』一部改良モデルに採用されている、9つの先進安全技術は以下のとおりです。

[サポカーS・ワイド*1に該当する技術を標準装備]
① アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)【全車】
② AT誤発進抑制制御[前進時]【AT車全車】
③ 車線逸脱警報システム(LDWS)【全車】
④ 先進ライト
「20S」、「XD」:ハイビーム・コントロール・システム(HBC)
「20S」、「XD」を除いた全車:アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)

[さらに多くのお客さまへ、より安全・安心なクルマをお届けするための技術を標準装備]
⑤ スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時](SCBS R)【全車】
⑥ AT誤発進抑制制御[後退時]【AT車全車】
⑦ ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)【全車】
⑧ リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)【全車】
⑨ リアパーキングセンサー(センター/コーナー)【全車】

 

3. 「ソウルレッドクリスタルメタリック」の採用

従来のボディカラー「ソウルレッドプレミアムメタリック」に比べ、彩度を約2割、深みを約5割増すことにより、より瑞々しく艶やかな透明感を実現。「魂動」デザインの造形美を、より質感高く際立たせます。

 

  • *1 安全運転サポート車のうち、特に高齢運転者の交通事故防止や被害軽減に効果が期待される技術を搭載した「セーフティ・サポートカーS」(サポカーS)の1つの区分
  • *2 「SKYACTIV-D 1.5」車は6月29日に発売、「SKYACTIV-G 2.0」車は6月29日に予約開始・7月27日に発売予定
  • *3 Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle(世界統一試験サイクル)モードの略称
  • *4 ドライバーへの認知支援及び衝突回避サポートや被害軽減を図るマツダの先進安全技術の総称
  • *5 ドライバー・人間を理解・信頼・尊重することを重視した中で、ドライバーが安全に運転できる状態を最大限に確保し、事故のリスクを最小限に抑制することを目指した安全思想
  • *6 「デミオ」、「アクセラ」、「アテンザ」、「CX-3」、「CX-5」の5車種

 

■メーカー希望小売価格(消費税込)は以下の通り

(※写真掲載モデル)

機種 駆動 エンジン 変速機 メーカー希望
小売価格
(消費税込)
JC08
モード
燃費
(km/L)
WLTCモード燃費(km/L)
  市街地
モード
(WLTC-L)
郊外
モード
(WLTC-M)
高速道路
モード
(WLTC-H)
20S 2WD SKYACTIV
-G 2.0
SKYACTIV
-DRIVE
2,106,000円 17.0 16.0 12.2 16.8 18.0
4WD 2,332,000円 16.6 15.2 11.6 15.8 17.4
20S
PROACTIVE
2WD SKYACTIV
-G 2.0
SKYACTIV
-DRIVE
2,284,200円 17.0 16.0 12.2 16.8 18.0
4WD 2,510,200円 16.6 15.2 11.6 15.8 17.4
20S
L Package
2WD SKYACTIV
-G 2.0
SKYACTIV
-DRIVE
2,538,000円 17.0 16.0 12.2 16.8 18.0
4WD 2,764,000円 16.6 15.2 11.6 15.8 17.4
20S
Noble Brown
2WD SKYACTIV
-G 2.0
SKYACTIV
-DRIVE
2,570,400円 17.0 16.0 12.2 16.8 18.0
4WD 2,796,400円 16.6 15.2 11.6 15.8 17.4
XD 2WD SKYACTIV
-D 1.5
SKYACTIV
-DRIVE
2,408,400円 23.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
25.0 - - - -
4WD SKYACTIV
-DRIVE
2,634,400円 21.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
23.4 - - - -
XD
PROACTIVE
2WD SKYACTIV
-D 1.5
SKYACTIV
-DRIVE
2,602,800円 23.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
25.0 - - - -
4WD SKYACTIV
-DRIVE
2,828,800円 21.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
23.4 - - - -
XD
L Package
2WD SKYACTIV
-D 1.5
SKYACTIV
-DRIVE
2,808,000円 23.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
25.0 - - - -
4WD SKYACTIV
-DRIVE
3,034,000円 21.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
23.4 - - - -
XD
Noble Brown
2WD SKYACTIV
-D 1.5
SKYACTIV
-DRIVE
2,840,400円 23.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
25.0 - - - -
4WD SKYACTIV
-DRIVE
3,066,400円 21.0 - - - -
SKYACTIV
-MT
(6MT)
23.4 - - - -
  • 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金11,300円が別途必要。
  • 特別塗装色「ソウルレッドクリスタルメタリック」選択時は64,800円高(消費税込)。特別塗装色「マシーングレープレミアムメタリック」選択時は54,000円高(消費税込)。特別塗装色「スノーフレイクホワイトパールマイカ」選択時は32,400円高(消費税込)。
  • 上記JC08モード燃費、WLTCモード燃費は「i-ELOOP」非装着車。「i-ELOOP」を装着した「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の生産開始は7月末を予定しています。