ニュースリリース

 

2017/07/06

クルマ・技術

マツダ、「AUTOMOBILE COUNCIL 2017(オートモビル カウンシル)」の出展内容を公表

−誕生50周年を迎えたロータリーエンジン車開発の歴史を展示−

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、8月4日(金)〜6日(日)にかけて幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2017」でのマツダブースの出展内容を公表しました。

 

マツダ コスモスポーツ
マツダ コスモスポーツ

 

 マツダの出展テーマは、「飽くなき挑戦の歴史 -ロータリーエンジン誕生50周年-」です。
 1967年にマツダが量産化に成功したロータリーエンジンは、コスモスポーツに搭載され、今年誕生から50年を迎えました。マツダブースでは、数々の苦難を乗り越えて、ロータリーエンジンの実用化、量産化を実現した先人の歩みに感謝の想いを込め、現在のSKYACTIV技術の開発にも通じるマツダの「飽くなき挑戦」の精神の一端を紹介します。
 マツダブースでは、コスモスポーツの開発途中の試作車をはじめ、永くお客さまに愛されてきたロータリーエンジン搭載車を中心に、1991年のル・マン24時間レース総合優勝車である「マツダ 787B」、世界初の2ローターロータリーエンジン「10A」型などを展示する予定です。

 「AUTOMOBILE COUNCIL」は、2016年に初めて開催された、日本に自動車文化の創生を図ることを目的としたイベントです。日本に自動車文化を育みたいという共通の想いを持つマツダは昨年に引き続き出展します。

 マツダは、「お客さまの人生においてかけがえのない存在となり、お客さまと特別な絆を持ったブランドになること」を目指しています。今後もお客さまと作り手が直接触れ合い、想いを交わす場を広げてまいります。

 

■マツダブース出展内容(予定)

(ロータリーエンジン関連)

マツダ コスモスポーツ 開発のために作られた試作車の1台
マツダ コスモスポーツ 1967年に発売されたマツダ初のロータリーエンジンを搭載した量産車
マツダ ファミリアプレスト ロータリークーペ 1968年に2代目ファミリアシリーズにロータリーエンジン搭載車を追加。1970年にファミリアプレストロータリーシリーズを発売
マツダ ファミリアプレスト ロータリークーペ(レース仕様車) 1970年スパ・フランコルシャン24時間レース参加車仕様としてレストアされた車
マツダ サバンナRX-7 1978年に発売された初代RX-7
マツダ 787B(55号車) 1991年ル・マン24時間レース総合優勝車
10Aロータリーエンジン 1967年から量産された最初の市販2ローターロータリーエンジン

 

(その他)

ユーノスロードスター Vスペシャル 初代ロードスター。2座小型オープンスポーツカー。
Vスペシャルは1990年に追加されたモデル
(1.6L直列4気筒レシプロエンジン搭載)

 

■AUTOMOBILE COUNCIL 2017開催概要

開催日程 2017年8月4日(金)~6日(日) 9:00~18:00
会場 幕張メッセ 4・5ホール
主催 AUTOMOBILE COUNCIL実行委員会
イベント公式サイト  http://automobile-council.com/