ニュースリリース

 

2018/06/21

クルマ・技術

マツダ、新型「ファミリアバン」を発売

-毎日の仕事をサポートする実用性と燃費・環境性能に優れ、先進安全技術を標準装備-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • PDF

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、実用性に優れた商用車、新型「マツダ ファミリアバン」を、全国のマツダ販売店を通じて本日発売します。

「マツダ ファミリアバンDX(2WD車)」
「マツダ ファミリアバンDX(2WD車)」

新型ファミリアバンは、「プリクラッシュセーフティシステム」、「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、「オートマチックハイビーム」等の安全技術を全車に標準装備しており、経済産業省や国土交通省などが普及啓発を推進する「安全運転サポート車」*1の「サポカー」*1に該当しています。
 また2WD車は、アイドリングストップ機能の採用などにより19.6km/L*2の燃費を実現。エコカー減税*3による減免対象となります。
 さらに、最適なドライビングポジションをサポートするフロントシート、多彩かつ機能的な収納スペース、荷物の積み降ろしが容易な荷室など、日常の使い勝手に配慮した機能・装備を搭載しています。

■新型「ファミリアバン」 商品概要

    1)日常の使い勝手に配慮した室内空間・荷室

  • 運転席と助手席のシート構造を最適化する事で、長距離での身体への負担を軽減
  • 乗り降りのしやすさに加え良好な視界を確保しやすい高さに、ヒップポイントを最適化
  • さらに運転席にシートリフターを標準装備し、最適なドライビングポジションを調整可能
  • A4サイズのノートPC等が置けるインパネテーブルをはじめ、多彩な収納スペースを設定
  • フロアの低床設計、ホイールの張り出しを抑えた内装トリム、雨天時の積荷作業やドアの開閉のしやすさに配慮したリアゲートのデザインなどにより、効率のよい積載性を実現。2名乗車時には1,810mm*4の荷室長を実現することでA4コピー用紙箱89個分*4、最大400㎏(2WD車)の積載が可能となり、幅広い用途に適合

    2)優れた燃費・環境性能

  • 1.5LガソリンエンジンとCVTの組み合わせにより、2WD車は旧型車の17.4km/Lから19.6km/Lに、4WD車は旧型車の13.0km/Lから15.8km/Lに燃費を向上(ともにJC08モード*3
  • さらに、2WD車にはアイドリングストップ機能を設定し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、また「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(SU-LEV)」にも認定され、エコカー減税*4対象車に該当。車両購入時における取得税が80%、重量税が75%、減税となる。

    3)安心・安全な運転をサポートする、充実した安全装備

  • 「衝突回避支援パッケージ」として、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)」、「レーンディパーチャーアラート(車線逸脱警報)」、ヘッドライト点灯時にハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」を全車に標準装備。

    4)ボディカラー

  • 「ホワイト」、「シルバーマイカメタリック」の全2色の設定。

■新型「ファミリアバン」 メーカー希望小売価格(消費税込) (*写真のモデル)

機種 駆動 エンジン
(cc)
変速機 メーカー希望
小売価格
(消費税込)
JC08モード
燃費値*2
(km/L)
減税
対応
DX 2WD(FF) 1,500
DOHC
CVT 1,593,000円* 19.6 減税
4WD 1,777,680円 15.8
VE 2WD(FF) 1,664,280円 19.6 減税
4WD 1,834,920円 15.8
GX 2WD(FF) 1,702,080円 19.6 減税
4WD 1,872,720円 15.8
  • - 上記車両本体価格に加えて、購入時にはリサイクル料金8,950円が別途必要。
  • - 2WD車にメーカーオプションで寒冷地仕様を用意。「DX」グレードで19,440円(税込)、「GX」「VE」グレードで5,400円(税込)が別途必要。(4WD車は全グレードで寒冷地仕様が標準装備)
  • *1 高齢運転者を含めたすべての自動車運転者による交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、自動ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えた車。略称「サポカー」。以下、ご参考。
    https://www.safety-support-car.go.jp/
  • *2 JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)に基づく。
  • *3 環境対応車普及促進税制による減税措置
  • *4 社内測定値。A4コピー用紙箱は、高さ220mm x 幅310mm x 奥行245mmの一般に流通しているサイズを想定