ニュースリリース

 

2018/10/19

CSR・環境・社会活動

マツダ、世界的なESG投資指標
「Dow Jones Sustainability Index」に2年連続で選定

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • PDF

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、このたび、世界的なESG投資指標*1の一つである「Dow Jones Sustainability Index(以下、DJSI)」*2のグローバル版「DJSI World Index」*3、およびアジア・太平洋版「DJSI Asia Pacific Index」*4の構成銘柄に2年連続で選定されました。

「DJSI」は、環境対応、社会貢献、人材育成、企業統治、法令順守など、さまざまな項目から企業の持続可能性を評価し、年に1度、業種別に優れた企業を、グローバル版と地域版のそれぞれの指標で選定しています。

選定においては、調査票への回答内容に加えて、「マツダサステナビリティレポート」や「アニュアルレポート」をはじめとする定期発行物や公式ウェブサイトを通じた情報発信などが総合的に審査され、マツダの取り組みや情報開示について高い評価を受けました。なお今回「DJSI World Index」では、グローバルの主要企業約2,500社中、マツダを含む34社の日本企業が選定されています。

さらにマツダは、前年度の「DJSI」の評価に基づいて評価機関RobecoSAM社が行なう年次表彰「RobecoSAM Sustainability Award 2018」*5において、自動車業種で優れた企業として「Silver Class(銀賞)」に選ばれています。

Dow Jones Sustainability Index
RobecoSAM Sustainability Award 2018

今後もマツダは、CSR(企業の社会的責任)活動に継続的に取り組み、持続可能な社会の発展に貢献するとともに、「地球」「社会」「人」とクルマが共存する世界の実現を目指し、「走る歓び」にあふれたカーライフを通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

【ご参考】
「マツダサステナビリティレポート」  http://www.mazda.com/ja/csr/report/download/
「アニュアルレポート」        http://www.mazda.com/ja/investors/library/annual/

  • *1 企業のESG(環境・社会・企業統治)評価を基準に銘柄選定する投資指標。
  • *2 米国のS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が共同開発した指標で、1999年発足の、世界で最も歴史のあるESG投資指標の一つとして投資家に認知されている。
  • *3 「DJSI World Index」では、グローバルにおける主要企業約2,500社から317社(うち日本企業34社)が選定。
  • *4 「DJSI Asia Pacific Index」では、日本・アジア・オセアニア地域における主要企業約600社から150社(うち日本企業75社)が選定。
  • *5 「DJSI」の評価機関RobecoSAM社が毎年業種別に優れた企業を、「Gold Class」「Silver Class」「Bronze Class」に選定し、表彰。自動車業種では、「Gold Class」に1社、「Silver Class」「Bronze Class」にそれぞれ2社が選定。