ニュースリリース

 

2018/12/26

クルマ・技術

マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売

-アクティブで力強いデザイン。全方位モニターを上級機種に設定-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • PDF

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能などで好評の「マツダ フレアワゴン」に新機種「タフスタイル」を追加設定するとともに一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて、本日発売します。

マツダ フレアワゴン「タフスタイル HYBRID XT(2WD車)」
マツダ フレアワゴン「タフスタイル HYBRID XT(2WD車)」

「タフスタイル」の外観では、丸型のLEDヘッドランプや、ガンメタリック塗装の前後バンパー、サイドガーニッシュ、ルーフレール、アルミホイール等の採用によりSUVのような力強さを、内装ではオレンジ色のメーターリングやシートステッチ、工具箱をモチーフとした専用デザインの助手席アッパーボックスなどで、タフでアクティブな中にも遊び心の感じられる空間を表現しています。また、撥水加工のシート表皮や防汚仕様のラゲッジフロアを設定。お客さまのアクティブなライフスタイルをサポートします。

また「全方位モニター用カメラパッケージ」*1を、上級機種に設定。純正ナビゲーションシステムとのセット装着*2により、車両周囲の死角を映像で確認できるようになるほか、マツダの軽自動車で初採用*3となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」*4が使用可能となり、安心・安全な運転環境を強化しています。

■新機種「タフスタイル」の主な装備

  • - 専用の2トーンカラー3色を含む、全4色*5のボディカラーバリエーションを設定
  • - 車両外観では、ブラック塗装のルーフレールとハーフキャップ+アルミホイール(14インチ)、ガンメタリック塗装のフロント&リアバンパー、フロントヘッドランプベゼル、アウタードアハンドルやサイドアンダーガーニッシュなど、アクティブで力強いデザインを採用
  • - 専用デザインの丸型LEDヘッドランプ、LEDポジショニングランプ、LEDフロントフォグランプを標準装備
  • - 助手席アッパーボックスを含むインパネカラーパネルは工具箱をモチーフとした専用デザインに変更し、ガンメタリックを採用
  • - メーターリング、エアコンルーバーリングにオレンジの加飾を採用
  • - 撥水加工を施した、ブラックカラーの専用ファブリックシート表皮にオレンジ色ステッチを採用
  • - 樹脂製の後席シートバックやラゲッジボードで、水や汚れに強い防汚仕様のラゲッジフロアを設定
  • - 上下2段に分かれた、メッシュタイプの助手席シートバックを採用し、使い勝手を向上
  • - 運転席と助手席に、シートヒーターを設定
  • - ターボエンジン車「タフスタイル HYBRID XT」には、パドルシフト、クルーズコントロール、全方位モニター用カメラパッケージを標準装備

■そのほかの「マツダ フレアワゴン」変更内容

  • - 「全方位モニター用カメラパッケージ」*1を「タフスタイル HYBRID XT」「カスタムスタイル HYBRID XT」に標準装備。「HYBRID XS」アップグレードパッケージ付き車、「カスタムスタイル HYBRID XS」にメーカーオプション設定
  • - フレアワゴン用「全方位モニター用カメラパッケージ」*1には、パッケージ装備としてマツダの軽自動車で初*3となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」を設定*4
  • - 従来設定のボディカラー2色「チアフルピンクメタリック(モノトーン)」「ブレイブカーキパール」を廃止

■「フレアワゴン」のメーカー希望小売価格(消費税込)は以下のとおり(※ 写真掲載のモデル)

機種名 駆動 エンジン 変速機 メーカー希望小売価格
(消費税込)
JC08
モード
燃費*6
減税レベル*7(取得税/重量税)
HYBRID
XG
2WD
(FF)
660cc
DOHC
VVT
(マイルド
ハイブリッド)
CVT 1,333,800円 30.0km/L 60%減税/
75%減税
4WD 1,454,760円 26.4km/L 40%減税/
50%減税
HYBRID
XS
2WD
(FF)
1,468,800円 28.2km/L
4WD 1,589,760円 26.4km/L
タフスタイル
HYBRID
XS
2WD
(FF)
1,636,200円 28.2km/L
4WD 1,753,920円 26.4km/L
タフスタイル
HYBRID
XT
2WD
(FF)
660cc
DOHC
VVTターボ
(マイルド
ハイブリッド)
CVT
7速
マニュアル
モード付
1,801,440円 25.6km/L 20%減税/
25%減税
4WD 1,919,160円 24.0km/L
カスタム
スタイル
HYBRID
XG
2WD
(FF)
660cc
DOHC
VVT
(マイルド
ハイブリッド)
CVT 1,576,800円 28.2km/L 40%減税/
50%減税
4WD 1,697,760円 26.4km/L
カスタム
スタイル
HYBRID
XS
2WD
(FF)
1,690,200円 28.2km/L
4WD 1,811,160円 26.4km/L
カスタム
スタイル
HYBRID XT
2WD
(FF)
660cc
DOHC
VVTターボ
(マイルド
ハイブリッド)
CVT
7速
マニュアル
モード付
1,871,640円 25.6km/L 20%減税/
25%減税
4WD 1,992,600円 24.0km/L
  • - 上記メーカー希望小売価格に加えて、購入時にリサイクル料金10,060円が別途必要。
  • - 「HYBRID XS」の2トーンルーフパッケージ(スペリアホワイト塗装ルーフ&ドアミラー、ルーフレール、ベージュ内装)装着車は64,800円高(消費税込)。
  • - 「HYBRID XS」のアップグレードパッケージ(LEDヘッドランプ、LEDポジションランプ、LEDサイドターンランプ付ドアミラー、14インチアルミホイール)装着車は75,600円高(消費税込)。
  • - 「タフスタイル HYBRID (XS, XT)」を除く全機種で車体色に「ピュアホワイトパール」選択時は21,600円(消費税込)高。
  • - 「タフスタイル HYBRID (XS, XT)」専用の車体色「オフブルーメタリック2トーン」「ツールグリーンパールメタリック2トーン」「アクティブイエロー2トーン」(いずれもガンメタリックルーフ)選択時は21,600円(消費税込)高。
  • - 「カスタムスタイルHYBRID (XG, XS, XT)」に車体色「スチールシルバーメタリック」「ムーンライトバイオレットパールメタリック」選択時は21,600円(消費税込)高、「カスタムスタイルHYBRID (XS, XT)」に「ピュアホワイトパール2トーンカラー(ブラックルーフ)」選択時は64,800円(消費税込)高。
  • *1 フレアワゴン用「全方位モニター用カメラパッケージ」は、全方位モニター用カメラ(フロント/サイド左右/バック)、USBソケット、GPSアンテナ、TV用ガラスアンテナ、全方位モニター3Dビュー機能、フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ、標識認識機能(進入禁止)のセット装備。
    「タフスタイル HYBRID XT」「カスタムスタイル HYBRID XT」に標準装備。「カスタムスタイル HYBRID XS」にメーカーオプション選択時は、84,240円高(消費税込)。「HYBRID XS」アップグレードパッケージ付き車にメーカーオプション選択時は上記セット装備にステアリングオーディオスイッチを追加して86,400円(消費税込)高。
  • *2 全方位モニター対応の純正ナビゲーション詳細につきましては、弊社ホームページをご参照ください。
    http://www2.mazda.co.jp/accessories/info_lib/now.html
  • *3 2018年12月時点
  • *4 各機能の詳細は以下の通り。
    • ・全方位モニター3Dビュー機能…車両を斜め上から見たような「室外視点」、運転席から車体を透過して見たような「室内視点」での表示により、死角の状況確認が可能
    • ・フロントガラス投影型ヘッドアップディスプレイ…車速、シフト位置、デュアルカメラブレーキサポートの警告など各種情報を、ドライバー前方のフロントガラス上にカラーで表示
    • ・標識認識機能…走行中に車載の単眼カメラが「進入禁止」の標識を認識した場合、警告をヘッドアップディスプレイに表示して誤進入を抑制・回避
  • *5 「タフスタイル」用の車体色として、専用の特別塗装色3色「オフブルーメタリック2トーン」「ツールグリーンパールメタリック2トーン」「アクティブイエロー2トーン」(いずれもガンメタリックルーフ)および「ピュアホワイトパール」を合わせた全4色を設定
  • *6 JC08モード燃費は、国土交通省審査値で、燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象状況、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用時等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • *7 取得税/重量税の減税レベルについては、環境対応車普及促進税制による減税措置。取得税減税は平成31年3月31日新車届出まで、重量税減税は平成31年4月30日新車届出まで。