ニュースリリース

 第1916号

2008/01/29

クルマ・技術

「マツダアテンザ」をフルモデルチェンジして発売

-先進の環境・安全性能を備え、優れた高速安定性と快適性を実現-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社は、グローバルに高い評価を得ているミディアムカー『マツダアテンザ』をフルモデルチェンジ、「Sedan(セダン)」、「Sport(スポーツ:5ドアハッチバック)」、「Sport Wagon(スポーツワゴン)」の3ボディタイプをラインナップして、本日から全国のマツダ系およびマツダアンフィニ系販売店を通じて発売する。

 

新型マツダアテンザSedan(セダン)「25EX」(MZR 2.5Lエンジン/5AT/2WD車)
新型マツダアテンザSedan(セダン)「25EX」(MZR 2.5Lエンジン/5AT/2WD車)

 

 新型『アテンザ』は「Zoom-Zoomのさらなる進化」をテーマに開発。2002年5月に導入された初代モデルが確立した個性的かつ魅力的なスタイリング、卓越した運動性能を継承・進化させながら、環境・安全性能を大幅に向上させている。さらに「最高の高速ロングツアラー」を目指して、クラストップレベルの空力性能を実現し、高速走行時の安定性を向上させると共に、乗り心地や静粛性などの快適性を一層高めている。

 

 デザインテーマは「Bold & Exquisite(大胆かつ精妙な佇まい)」。3ボディタイプとも躍動感の中に品の良さを兼ね備えた外観としている。また、インテリアではスポーティかつ洗練されたデザインを追求しつつ、走りの歓び、安心感、快適性を感じられるような造り込みを行なっている。

 

 動力性能については、新開発MZR 2.5Lエンジン、新採用AAS*1搭載電子制御5速・6速オートマチック変速機などの採用により、従来から評価の高い動力性能をさらに進化させている。また、ボディサイズを従来より大きくする一方で、高張力鋼板の採用拡大などにより軽量化を推進。クラストップレベルの空力性能とあいまって、燃費性能の向上に寄与している。さらに、使用燃料はレギュラーガソリンを全車で標準とし、経済性にも配慮している。

 

 安全装備では国内初となる「リアビークルモニタリングシステム」を採用。時速60km/h以上の走行時に、後方から接近する車両をレーダーで検知してドライバーに知らせる。また、インパネ上方の集中ディスプレイに表示される各機能をステアリング上のスイッチで操作する新開発「CF-Net(シーエフネット)」は、運転中の視線移動を極力抑えつつ、ハンドルから手を離さず空調やオーディオ等の安全かつ容易な操作を実現する。更に、全2.5Lエンジン車にDSC*2およびTCS*3を標準装備するなど、安全かつ快適なドライビングを実現するための装備・機能を充実させている。

 

 車両本体価格(消費税込)は「Sedan」が2,070,000~2,500,000円、「Sport」が2,280,000~2,670,000円、「Sport Wagon」が2,200,000円~2,670,000円、月間販売台数は3ボディタイプをあわせて1,500台を計画している。

*1: 「Active Adaptive Shift」。路面の勾配を判別して最適なギアを自動的に選択するスロープ制御に加えて、ワインディング路の判別およびドライバーの意思を反映した走行シーン判別を行なって最適なシフトを選択する。
*2: 「Dynamic Stability Control」。横滑り防止機構。
*3: 「Traction Control System」。トラクションコントロールシステム。

 

■新型アテンザの商品概要は以下の通り。
1. デザイン:スポーティかつ品格あるデザイン

デザインテーマは「Bold & Exquisite(大胆かつ精妙な佇まい)」。力強く冒険的でありながら、絶妙な優美さを兼ね備えたさまを、日本の美意識を通して表現。マツダらしいアスレチックな表現を継承しながら、走りの躍動感をより際立たせ、見る人の感情に訴えかける、洗練された品格とクールな趣を創造。

 

エクステリア

アーチ型のルーフ形状が特徴的な端正で上品な印象の「Sedan」、スポーティで流麗なサイドシルエットの「Sport」、美しく張りのあるリアフォルムの「Sport Wagon」と、個性的な3ボディタイプ。
丸く張り出したホイールアーチと短いオーバーハングに特徴づけられる前モデルのアスレチックな印象を踏襲。また、フェンダーとボンネットを鋭角に分断するラインが緊張と躍動感を表現。
精緻にしてモダンなヘッドランプ、拡大されたファイブポイントグリル、大開口のエアインテーク、縦型のフォグランプから構成される新しいフロントデザイン。
サイドビューでは、流れるようなルーフラインとボディラインが微妙に変化し、リアに向かうにつれて陰影を形成。リアビューでは、サイドに回り込んだ大型リアコンビランプがプレミアム感を醸成。
ボディカラーは、同車のために開発した薄紫系「ライラックシルバーメタリック」をはじめとする新設定の6色を含む全11色をラインアップ。

 

インテリア

よりスポーティでありながら高度に洗練されたデザインを追求。スポーティさの表現として、走りの歓びを予感させる心地よいコックピットのような運転環境と、ゆとりあるドライビングポジションを確保するための視認性・操作性の造り込みに注力。
柔和なイメージとメカニカルなシャープさを組合せたダッシュボードおよびドアトリムのデザイン。また、ダッシュボードの上面が乗員から弧を描くように拡がるデザインは、あたかも浮いているような印象を与える。
新開発のシボ、上質な素材、統一された艶感が、精緻に造り込まれた各パーツとあいまって、上質かつ快適な室内空間を構成する。
カームホワイト色の本革シートを、光沢が美しいインパネデコレーションパネル(以下、装飾パネル)「クリスタル」と組合せて「25EX」と「20E」に装備。また、ブラックの本革シートを、装飾パネル「ゼブラ」と組合せて「25EX」にオプション設定。
スポーティブラックのハーフレザーシートを、流星をイメージした装飾パネル「ライン」と組合せて「25Z」に、ウェーブ柄で動きを表現したスポーティブラックのファブリックシートを装飾パネル「ライン」と組合せて「25S」に、シャープなパターンのモダンブラックのファブリックシートをダークグレーの装飾パネルと組合せて「25C」、「25F」、「20C」、「20F」にそれぞれ採用。

 

2. ダイナミック性能:クルマとの対話を通じて一体感を楽しめる進化した上質なドライビング性能

ドライバーの要求にリニアかつ正確に応答するダイナミック性能やステアリング、ブレーキ、ハンドリングを追求しつつ、前モデルから大きく改善した乗り心地と静粛性により快適性と安心感を向上させている。

 

パワートレイン

新開発MZR2.5Lエンジンを採用(前モデルは2.3L)。全回転域でのトルクを向上させることにより、リニアな加速と正確なレスポンスを実現する。また、排出ガスのクリーン化や使用燃料のレギュラーガソリン化(従来は全2.3Lエンジン車がプレミアムガソリン指定)など、環境性能や経済性にも配慮。従来から評価の高いMZR 2.0Lを含む2種類のエンジンラインナップ。
電子制御5速および6速オートマチック変速機(アクティブマチック)に、「RX-8」で高い評価を得ているAAS(アクティブ・アダプティブ・シフト)を搭載。走行状況に応じた最適なシフト選択により、リニアできびきびした走りを実現。また、SportおよびSport Wagonの「25Z」と「25S」には進化した6速マニュアル変速機を採用している。
電子制御アクティブトルクコントロールカップリング4WDシステムを4WD車に採用。走行状況や路面状態に応じて、前輪と後輪のトルク配分を最適化する。

 

シャシー&ボディ

ドアミラー、フロントバンパーコーナー、リアコンビランプ、アンダーカバー等の形状を最適化することにより、空力特性を改善。また、2.5Lエンジンの2WD車については、床下の整流に効果的な馬蹄型フロントタイヤディフレクターを追加し、クラストップレベルのCd値を実現(SedanおよびSportが0.27、Sport Wagonが0.28)。
サスペンションは、フロントにハイマウントダブルウィッシュボーン式、リアにE型マルチリンク式を採用し、様々な走行条件において、直進安定性と応答性に優れた安心感のある走りを提供。
ラックドライブ式電動パワーステアリングを全2WD車に採用し、あらゆる車速域で最適なアシスト量を提供。
運動性能と燃費性能の向上に効果的なボディの軽量化に取り組み、高張力鋼板の使用を拡大しつつ、曲げ剛性で最高約45%、捻り剛性で最高約30%向上させている。(いずれもSport)

 

静粛性

デュアルマスダンパープーリーとフレキシブルフライホイール(6MT車で採用)により、加速時の燃焼音を大幅に改善。(全2.5Lエンジン車)
センターフロア、サスペンション、ドアシール等の構造を改善することにより、操縦安定性を向上させると同時に、ロードノイズを大幅に低減。
Aピラーおよびドアミラーの形状を最適化し、ドア剛性を高めながらドア周りのシーリング性を向上させたことにより、風騒音を低減。

 

3. 装備:快適さと安心感を与える新機能

通常走行から高速ツーリングまで、快適かつゆとりあるドライビングをサポートする装備・機能を採用し、「Zoom-Zoomのさらなる進化」を体現している。

CF-Net(Cross Functional-Network)を新採用。オーディオ、エアコン、トリップコンピューターなどの各システムを通信で結び、視線移動の少ないインパネ上方のディスプレイに表示、ステアリング上のスイッチによって各機能を調節する。ディスプレイの表示とスイッチの操作形態を一致した理解・操作が容易な仕様。
冷暖房能力、風量及び静粛性を大幅に改善した運転席と助手席で個別に温度調整ができる花粉除去フィルター付きフルオートエアコンを全車に採用。
専用開発されたBOSE®サウンドシステム(8スピーカー付)が、どの席でもクリアでダイナミックなサウンドを実現。BOSE®独自の走行ノイズ補償システムAUDIOPILOTTM搭載。(「20F」、「25C」を除く全車にメーカーセットオプション設定)
7インチワイドディスプレイの40GB HDDナビゲーションシステムを採用。声による操作が可能な音声認識機能や、その音声認識機能とステアリングスイッチによって操作できるBluetooth®ハンズフリーシステムを採用。「MAZDA G-BOOK ALPHA」にも対応。(全車にメーカーセットオプション設定)
ボタン操作によるエンジンの始動/停止が可能なプッシュボタンスタートを採用。アドバンストキーレスエントリーシステムとのセットオプション(「25EX」、「25Z」、「25S」にメーカーセットオプション設定)。
ユニークなイルミネーションにより心地良い室内空間を演出。ドアを閉めた際に、センターパネルを下方から上方へと順次点灯していく照明や、オーディオのスイッチ操作に連動して各スイッチの仕切り部分に内蔵された青色LED照明が柔らかく明滅する。

 

4. パッケージング&収納:スポーティなスタイリングと多彩なパッケージング・収納の両立

前モデルの機能性をさらに進化させ、多岐にわたってマツダならではの創意工夫を行い、使いやすさを実現している。

ヘッダー(フロントウインドウとルーフの接点)の位置を最適化することで、クラストップレベルの前上方視界を確保。また、コンパクトな鞍型のリアシートヘッドレストの採用により、良好な後方視界も実現。
後席のニールームを13mm拡大するなど、クラストップレベルの後席居住スペースを確保。
SedanとSport Wagonが519L、Sportが510Lの荷室容量を確保。また、6:4可倒式シートにより、後席部分もラゲッジスペースとして使用できる。
リアゲートの開閉に連動してトノボードが自動的に折りたたまれる新発想のカラクリトノボードを採用。荷物を積み下ろすたびにトノボードを操作する必要がない便利な仕様。(Sport Wagon)

 

5. 環境安全性能:「Zoom-Zoomのさらなる進化」を具現化する装備

- DSC(横滑り防止機構)およびTCS(トラクションコントロールシステム)を採用し、安心感のあるリニアな走りをサポート。(2.5Lエンジン車に標準装備。2.0Lエンジン車にメーカーセットオプション設定)
- 「リアビークルモニタリングシステム」を国内初採用。時速60km/h以上の走行時に、後方から接近する車両を検知してドライバーに警告。また、「マツダプリクラッシュセーフティシステム」は、前方の障害物などを知らせると同時に、ブレーキやシートベルトを自動的に作動させることにより衝突リスクの軽減に貢献する。(いずれも、「25EX」、「25Z」、「25S」の2WD/AT車にメーカーセットオプション設定)
- 「マツダレーダークルーズコントロールシステム」により、先行車の速度や車間距離をレーダーセンサーで計測し、あらかじめ設定した車間距離を保つよう加速・減速を自動制御。(「25EX」、「25Z」、「25S」の2WD/AT車にメーカーセットオプション設定)
- 「固定式アダプティブ・フロントライティングシステム&バイキセノンヘッドランプ」により、夜間走行時の前方視界を大幅に向上。(SportおよびSport Wagonの「25EX」、「25Z」に標準装備。「25C」、「20F」を除く全車にメーカーセットオプション設定)
- 「パーキングセンサー」は、合計8つのセンサーが見えない車両の四隅と中央付近の障害物との距離を計測し、ドライバーの駐車支援を行う。(「25C」、「20F」を除く全車にメーカーセットオプション設定)
- 「フロントシートアクティブヘッドレスト」をマツダ車初採用。後面衝突時に頚部に加わる負担を軽減。
- ボディサイズを拡大させ、安全性能や走行性能を大幅に向上させる一方で、クラストップレベルの空力性能、ころがり抵抗の低減、電動パワーステアリング(2WD車)やLEDストップランプの採用等により、前モデル比約2%の燃費改善。
- エンジン排気量を拡大させながら、従来と同等の排ガス性能を実現。(2WD車が「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」、4WD車が「平成17年基準排出ガス50%低減レベル」に認定)
- ポリプロピレン材(PP)を一部部品に使用するなど、リサイクル可能率90%以上*4を達成。
- インテリアに使用する樹脂、塗装、接着剤には低VOC(揮発性有機化合物)素材を採用。厚生労働省の定めた「室内濃度指針値」以下としている。
*4: 「新型車のリサイクル可能率の定義と算出方法のガイドライン(1998年 自工会)」に基づき算出。

 

■新型アテンザの車両本体価格は以下の通り。 (*添付写真のモデル)
ボディタイプ 機種 駆動 エンジン 変速機 車両本体価格(円)
消費税込 消費税抜
Sedan
(セダン)
20C 2WD MZR 2.0L 5EC-AT 2,070,000 1,971,429
20E 2WD MZR 2.0L 5EC-AT 2,280,000 2,171,429
25EX 2WD MZR 2.5L 5EC-AT 2,500,000* 2,380,953
25F 4WD MZR 2.5L 6EC-AT 2,370,000 2,257,143
Sport
(スポーツ)
20C 2WD MZR 2.0L 5EC-AT 2,280,000 2,171,429
25C 4WD MZR 2.5L 6EC-AT 2,460,000 2,342,858
25S 2WD MZR 2.5L 6MT 2,410,000 2,295,239
5EC-AT 2,460,000 2,342,858
4WD 6EC-AT 2,670,000 2,542,858
25Z 2WD MZR 2.5L 6MT 2,620,000 2,495,239
5EC-AT 2,670,000 2,542,858
25EX 2WD MZR 2.5L 5EC-AT 2,670,000 2,542,858
Sport Wagon
(スポーツワゴン)
20F 2WD MZR 2.0L 5EC-AT 2,200,000 2,095,239
20C 2WD MZR 2.0L 5EC-AT 2,280,000 2,171,429
25C 4WD MZR 2.5L 6EC-AT 2,460,000 2,342,858
25S 2WD MZR 2.5L 6MT 2,410,000 2,295,239
5EC-AT 2,460,000 2,342,858
4WD 6EC-AT 2,670,000 2,542,858
25Z 2WD MZR 2.5L 6MT 2,620,000 2,495,239
5EC-AT 2,670,000 2,542,858
25EX 2WD MZR 2.5L 5EC-AT 2,670,000 2,542,858
- 上記車両本体価格に加えて、購入時にはリサイクル料金が別途必要。ボディタイプ別にSedanが13,230円、Sportが13,370円、Sport Wagonが13,630円(SRSカーテン&フロントサイドエアバック装着車は金額が異なる)。
- ボディカラー「クリスタルホワイトパールマイカ」は特別塗装色。選択した場合は消費税込で31,500円高。
- Sport Wagonの「20F」は受注生産モデル。

 

「Sedan」および「Sport」の主要諸元 [PDF形式]

「Sport Wagon」の主要諸元 [PDF形式]