ニュースリリース

 (ご参考)

2008/04/25

クルマ・技術

北米向け新型「Mazda6」を初公開

-北米市場のニーズに合わせデザイン・開発-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)の北米ビジネスを統括しているマツダノースアメリカンオペレーションズ(本社:カリフォルニア州アーバイン)は本日、北米向け新型「Mazda6」を公開し2008年晩夏から発売することを発表した。

 

北米向け新型「Mazda6」
北米向け新型「Mazda6」

 

 北米向け新型「Mazda6」は、初代「Mazda6」が確立したスポーティなスタイリング・走行性能を継承・進化させつつ、北米市場により適したボディサイズ、エンジン排気量を実現。また、北米の道路環境に適したハンドリングと快適性を高次元に両立させるなど北米市場のニーズに合わせた開発を進めた。

 

 マツダのダニエル・ティー・モリス取締役専務執行役員(マーケティング・海外販売担当)は、「北米向け新型『Mazda6』は、『MazdaCX-7』/『MazdaCX-9』に続く北米市場のお客様のニーズを念頭に専用開発した商品の第3弾である。新型モデルが属する中型セダンセグメントは多くの商品が投入され厳しい市場環境にあるが、マツダらしく“Zoom-Zoom”な新型モデルは、十分な競争力を持ち、お客様にご満足いただける商品に仕上げることができたと確信している。引き続き、お客様の声を反映させた商品開発とブランド力強化策に取り組むことで、中期計画『マツダ アドバンスメント プラン』を着実に実現していく」と述べた。

 

 エンジンは、欧州・国内向け新型「Mazda6/アテンザ」に搭載している新開発直列4気筒2.5Lエンジンに加え、「2008年ノース・アメリカン・トラック・オブ・ザ・イヤー」を受賞した「MazdaCX-9」に搭載しているV型6気筒3.7Lエンジンを採用することでよりゆとりに満ちた走行性能を提供する。直列4気筒エンジンには、6速マニュアル変速機とマニュアルモード付5速オートマチック変速機を設定。V型6気筒エンジンにはマニュアルモード付6速オートマチック変速機を設定する。ボディタイプは4ドアセダンのみとなる。生産は初代モデル同様、マツダとフォード・モーター・カンパニーとの合弁会社であるオートアライアンス・インターナショナル(ミシガン州フラットロック)で行う。