ニュースリリース

 (ご参考)

2008/11/25

クルマ・技術

マツダ、ボローニャモーターショーに新型「Mazda3」5ドアハッチバックを出品

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2008年12月3日(水)から14日(日)まで開催される『2008年ボローニャモーターショー』* で、新型『Mazda3』(日本名:マツダ アクセラ)の5ドアハッチバックを世界初公開する。同モデルは、現在『2008年ロサンゼルス・モーターショー』で公開中の新型『Mazda3』4ドアセダンに続いて発表され、4ドアセダン同様、スポーティな走りとダイナミックなデザイン、クラストップレベルの環境・安全性能を実現している。

 

新型「Mazda3」5ドアハッチバック(欧州仕様車)
新型「Mazda3」5ドアハッチバック(欧州仕様車)

 

 今回発表される新型『Mazda3』(欧州向け)には、新型『Mazda6』(日本名:マツダ アテンザ)で市販化している2.2リットルの新開発ディーゼルエンジンが新たに採用される。このエンジンの性能は出力、燃費、静粛性においてクラストップレベルであり、最高出力185馬力のハイパワーバージョンと、最高出力150馬力のスタンダードパワーバージョンの2つのバリエーションを持つ。いずれも、欧州排出ガス規制「Euro-5」に適合するクリーンなエミッション性能を備え、2.0リットルの現行ディーゼルエンジン比でCO2排出量や燃費を大幅に改善している。

 

 また、現行モデルに引き続き、1.6リットルと2.0リットルのガソリンエンジン、1.6リットルのディーゼルエンジンもラインナップに設定されている。

 

 その他に環境性能での特筆すべきものとして、シングルナノテクノロジーを活用した世界初の自動車用触媒がガソリンエンジン搭載車に採用されており、排出ガスのクリーン化と共に、白金やパラジウムなどの希少資源の使用量抑制に貢献している。更に、車体軽量化や空力性能の改善にも努め、燃費・環境性能や安全性の向上に寄与している。

 

 マツダのプレス・カンファレンスは、12月3日(月)午前9時00分(現地時間)を予定している。

 

■ 2008ボローニャモーターショー 出展車一覧

参考出品車 市販予定車 新型Mazda3 5ドアハッチバック 欧州仕様車 (世界初公開)
コンセプトカー Mazda清
量産車 Mazda2、Mazda MX-5、Mazda5、Mazda6、Mazda CX-7、BT-50

 

正式には「Bologna Motor Show, International Automobile Exhibition 2008」。プレスデーは12月3日~4日、一般公開日は12月5日~14日。ボローニャは、イタリアの都市。