ニュースリリース

 (ご参考)

2009/01/08

クルマ・技術

マツダ、貴金属の使用量を約70%削減できるシングルナノ触媒を世界で初めて実用化

-新型「マツダ・アクセラ」へ採用し、順次展開の予定-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、自動車の触媒に使用する貴金属を大幅に削減しながらも、排ガスの浄化性能と高い耐久性を同時に実現できるシングルナノ触媒*を世界で初めて実用化します。この新型触媒は、2009年よりグローバルで発売を開始する新型「マツダ・アクセラ」(海外名:Mazda3)に採用され、触媒(床下触媒)の貴金属使用量を0.55g/Lから0.15g/Lと従来に比べ約70%削減しながらも、国内モデルでは「平成17年基準排出ガス75%低減レベル(SU-LEV)」を達成可能にしています。

 

 自動車の触媒では、貴金属はその表面で排出ガスの浄化反応を促進するという役割を果たしています。従来の触媒は、ベースとなる触媒材料上に貴金属を付着させる構造でしたが、排出ガスによる熱で貴金属が移動、凝集して、大きな粒子になっていました。それにより貴金属の表面積が減り、触媒性能が低下するため、あらかじめ多くの貴金属を使用する必要がありました。

 

 マツダが開発したシングルナノ触媒は、貴金属の表面積を増やすために5nm(ナノメーター)以下というより小さいサイズの貴金属の粒子を開発するとともに、触媒材料構造を独自開発することで貴金属を触媒材料に埋め込み、シングルナノサイズのまま固定する世界初の触媒構造を実現しました。その結果、貴金属が凝集することがなくなり、希少金属の使用量を大幅に削減しながらも優れた浄化性能を持ち、同時に過酷な使用条件でも浄化性能がほとんど劣化しない構造となりました。

 

 マツダは今後、このシングルナノ触媒を全ての市場を対象に順次採用を拡大し、希少金属の使用低減とともに排出ガスのクリーン化に大きく貢献していきます。

 

* シングルナノ触媒:ナノテクノロジーよりさらに微細な材料構造を制御するシングルナノテクノロジーを用いた触媒

 

新触媒技術による貴金属分散モデル