ニュースリリース

  

2012/01/07

その他

マツダ病院、新棟(入院棟)を竣工

-入院棟として1月30日に開院-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、本日、マツダ病院(広島県安芸郡府中町)の新棟の竣工(しゅんこう)式を行ったことを発表しました。式典には、府中町の和多利 義之(わたり よしゆき)町長をはじめとする地域の関係者や広島大学医学部、医師会、看護協会をはじめとする医療関係者などのご来賓に加え、マツダの山内 孝代表取締役会長 社長兼CEO、マツダ病院の奥平 信義(おくひら のぶよし)院長など約90名が出席しました。

 

 式典で奥平院長は「病院理念である『温かい思いやりのある心で、最新・最良の医療を提供し、社会に貢献する』をモットーに、『患者さんの満足と幸せの追求』『病院の発展性と安定性の追求』『病院スタッフの幸せの追求』を目指して、強い『絆』の基に、ワン・マツダとなって、頑張っていきます」とあいさつしました。

 

「マツダ病院(新棟)外観」
「マツダ病院(新棟)外観」

 

 この新棟は、地域医療へのさらなる貢献を目的としたマツダ病院のリニューアル計画の一環として、2010年9月より建設を開始しました。今後、設備や機器の搬入など開院の準備を行い、入院棟として1月30日(月)の診療開始を予定しています。

 

 新棟は、地上8階・地下1階で、現在のマツダ病院の北側敷地に建てられており、1階は救急室・画像診断科、2階は手術室(5室)と薬剤部、3~7階は入院病棟(計270床)、8階は健診センターとなります。

 

 病室は、1床あたりの面積を約9m2に拡充するとともに、40室の個室を設けるなど、患者さんの療養環境向上に配慮しています。併せて、7床のHCU(重症患者集中治療室)を新設したほか、CT(コンピューターX線断層写真撮影装置)、MRI(磁気共鳴画像装置)など大型の医療検査機器を一新するなど、救急・医療体制や機能を強化しています。また、健診センターは、リニューアル以前と比べて面積を約2倍(約1,200m2)に拡大し、健診機器も増設するなど、利便性を高めています。

 

 なお、マツダ病院のリニューアル計画は、新棟建設に続いてこの2月から既存棟(外来棟)の改修を行い、2013年春に完了する予定です。

 

<ご参考>

【マツダ病院の概要】

1.院長 奥平 信義(おくひら のぶよし)
2.所在地 広島県安芸郡府中町青崎南2-15
3.診療科数 18診療科(循環器科、消化器科、呼吸器科、糖尿病内科、内科、精神・心療内科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、歯科・口腔外科、麻酔科、画像診断科、リハビリテーション科)、健診センター

 

【新棟の概要】

1.階層 地上8階、地下1階
2.敷地面積 約 3,892m2
3.建築面積 約 1,786m2
4.延床面積 約 13,313m2
5.建築構造 鉄骨鉄筋コンクリート造
6.場所 広島県安芸郡府中町青崎南1番8号

 

【フロア構成図*

フロア構成図

 

【配置図*

配置図

 

* 既存棟改修後の予定図