ニュースリリース

  

2012/10/19

その他

マツダ、「からくり改善くふう展2012」に出品

-知恵と工夫を凝らした17作品を関連企業とともに出品-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社(以下、マツダ)およびマツダ関連企業6社は、2012年10月25日(木)~26日(金)に東京都立産業貿易センター浜松町館(東京都港区)で開催される「からくり改善くふう展2012」に知恵と工夫を凝らした17作品を出品します。

 

 「からくり改善くふう展」は、製造現場での「お金をかけない、創造性に優れた、楽しい作業改善」を広く発表する場として、1994年より公益社団法人「日本プラントメンテナンス協会」主催で開催されており、マツダは2000年、マツダ関連企業は2007年より参加しています。

 

 マツダは、2002年より「からくり改善道場」と名付けた育成プロジェクトを、本社工場および防府工場で、部門横断的に展開するなど、従業員のアイデアを活用した改善活動を積極的に行っており、従業員のモチベーション向上と作業の効率化やコスト削減を推進しています。さらに、2006年からマツダ関連企業の改善活動の一環として「J-ABC*からくり改善道場」を開催し、マツダグループ全体の取り組みに発展させています。

 

■マツダおよびマツダ関連企業からの出品概要は以下の通りです

本社工場(5作品)

作品名 作品概要
手間なく供給できる君 4WDリアディファレンシャルにベアリング&リテーナを自動供給する。
スマートポン! エンジンヘッドカバーを締め付ける15本のボルトのセットをワンアクションで行う。
サンドシューター シリンダーブロックの鋳造工程で使用した砂を回収するシュートの寿命を延長させる。
くるくるスパッと 防じんビニールシート引き出し時の寸法の見える化とシートの切断を簡単に行う。
回転くん プレス部品チェックのための回転作業を廃止する。

 

防府工場(6作品)

作品名 作品概要
いっぺん締めちゃろか! ドリル着脱ハンドルの形状を工夫し、ハンドルと安全カバーを一体化することで、ドリル交換作業を安全に行うことができる。
交換じょ~ず 専用治具を考案したことで、ディスクグラインダーの砥石交換作業を素早く安全に行うことができる。
反転じょ~ず トランスミッションに装着する部品(約7kg)の反転動作を、部品の自重を利用して、安全かつ容易に行う。
くるりんパ 製品に貼るラベルを、はく離紙を半分はいだ状態で連続的に取ることができ、容易に貼り付け作業ができる。
名刀カズヤ 圧縮エアー供給ホースと継ぎ手金具をてこの原理で安全かつ簡単にきれいに切り離す。
スティア3(スリー) スプレーガンのカップ内の塗料を、磁力を用いてかき回すことで、塗料の沈降・分離を防ぐ。

 

マツダ関連企業(6作品)

会社名 作品名 作品概要
宮川化成工業(株) ビスゲット 磁石によりビスを取り出し、てんびんで3本に定量化し、ワンタッチ動作で一度に取り出すことができる。
(株)日本クライメイトシステムズ からくりFマシン ロウ材シートがシューターにより滑り落ち、常に一定の向きでパイプに自動セットされる。
マイクロテクノ(株) AKD31 カム機構により、ホルダーからスプールバルブを自動で取り外すことができる。
(株)ヒロタニ ONE ぱっ君 リンク機構とテコの応用で、樹脂ボードの穴カスをはぎ取りから集積まで自動で行える。
(株)ニイテック 女性でも楽に持ち上GIRL 滑車とカムにより、完成品入り容器をパレット上に積載する作業をアシストする。
倉敷化工(株) 段積み・出太郎 完成品入り容器を自動で積み上げ、さらにローラーの跳ね上げにより、台車に自動移載する。

 

■「からくり改善くふう展2012」の開催概要は以下の通りです

開催日時: 2012年10月25日(木)~26日(金) 10:00~16:30(最終日は16:00まで)
会場: 東京都立産業貿易センター浜松町館
出品企業: 自動車、電機など製造業ほか約58事業場(出品数:約190点)
問合わせ: 公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会 普及推進部
TEL:03-5733-6900 FAX:03-5733-6910 E-mail:fukyu@jipm.or.jp
「からくり改善くふう展」ホームページ:
 http://www.jipm-topics.com/karakuri/

 

  • * Jiba(地場) Achieve Best Costの略。マツダグループのモノ造り力を高めるために地場サプライヤーの製造現場を協働で継続的に改善する運動。