ニュースリリース

  

2013/06/27

クルマ・技術

マツダ、走る歓びを革新したスポーツコンパクト 新型「Mazda3」を発表

-今秋より、北米から順次グローバルに導入-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、新型「Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)」のハッチバックモデルを発表しました。新型「Mazda3」は、「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した、新世代商品の第三弾です。走る歓びを革新したスポーツコンパクトとして、今秋より、北米から順次グローバルに導入する予定です。

 

新型「Mazda3」5ドアハッチバック(北米仕様車)
新型「Mazda3」5ドアハッチバック(北米仕様車)

 


 

 新型「Mazda3」では、魂動デザインの躍動表現により、ひと目で走りへの期待感を高めるエクステリアデザインと、洗練されたインテリア空間をつくり上げました。また、乗るほどになじむような人馬一体の意のままの走りを生み出すために、「SKYACTIV技術」に加えて、ドライバーの危険認知・判断をサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を広く搭載し、マツダが追求する走る歓びを高い次元で実現しています。さらに、走行安全性を最優先に考えた新しいヒューマンマシンインターフェース(HMI)のもと、ドライブする歓びを広げるカーコネクティビティシステムを、新型「Mazda3」から新たに導入します。

 

 搭載するエンジンは、グローバルに異なる幅広いニーズに対応するため、新開発のガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」を含む、1.5L~2.5Lのガソリンエンジンと、2.2Lのディーゼルエンジンを、市場毎に適切なラインナップで展開します。また日本市場には、ハイブリッドシステムをセダンモデルに搭載する予定です。

 

 「Mazda3」は、2003年の初代モデル発売以来、グローバルで350万台以上を販売し、マツダの年間販売台数の3割以上を占める最量販モデルです。エモーショナルなデザイン、優れたレスポンスを備えた楽しい走り、高いクラフトマンシップや環境・安全性能などにより、これまでに世界で136の賞を獲得しています。

 

■「SKYACTIV技術」に関する詳細情報:
 https://www.mazda.com/jp/technology/skyactiv/

■デザインテーマ「魂動」に関する詳細情報:
 http://brand.mazda.com/ja/design/

■先進安全技術「i-ACTIVSENSE」に関する詳細情報:
 https://www2.mazda.com/ja/technology/safety/