ニュースリリース

  

2013/09/03

クルマ・技術

マツダ、先進安全自動車「マツダ アテンザ ASV-5」の公道実証実験を開始

-第20回ITS世界会議東京2013と広島における世界初の路面電車 - 自動車間通信型ASVデモに参加-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

第20回ITS世界会議東京2013 広島における世界初路面電車 - 自動車間通信型ASVデモ 公道実証実験

 

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、先進の安全運転支援システムを搭載した「マツダ アテンザ ASV-5(エーエスブイ・ファイブ)」*1を開発し、産学官共同で研究・実用化が進められるITS*2を活用した安全運転支援システムの公道実証実験を2013年9月から開始します。また、2013年10月に開催される第20回ITS世界会議東京2013と、広島市内で行われる路面電車 - 自動車間通信型先進安全運転支援システムのデモンストレーション走行に参加します。

 

マツダ アテンザ ASV-5
マツダ アテンザ ASV-5

 

 2013年10月14日(月)~18日(金)に開催される「第20回ITS世界会議東京2013」(主催:ITS世界会議 東京2013日本組織委員会、ITS Japan、東京都)では、先進安全技術に関する世界会議、展示の他、産学官共同で、ASVによる先進安全技術のデモンストレーション走行が行われます。また10月20日(日)~21日(月)には、ITS世界会議の一環として、世界初の路面電車 - 自動車間通信による先進安全支援システムのデモンストレーション走行が広島市内で行われます。

 

 広島市では、路面電車が市民の足として定着しており、1日平均約15万人の利用があります。今回の実験では、路面電車と自律型車載センサーを搭載した自動車との間で通信を行うことで、接触事故を未然に防ぎ、安全で円滑な運転を支援するシステムの効果検証を中心に行います。システム開発および実証実験は、広島地区ITS公道実証実験連絡協議会*3が主催し、広島地区ITS共同研究体*4が主体となって実施します。

 

 世界的にEcoなPublic Transportationとして見直されている路面電車と、パーソナルMobilityとして車のEco化が進む中で、その二つの交通形態が、それぞれのメリットを活かしつつ共存できる安全な交通体系を作るため共同研究を進め、鉄道とクルマとの安全な連携を目指します。

 

 マツダは、ドライバーが安全に運転できる状態を最大限に確保し、事故のリスクを最小限に抑制することを目指す「Mazda Proactive Safety(マツダ プロアクティブ セーフティ)」という安全思想に基づき、さまざまな安全技術の研究・開発を行っています。運転する環境が変化しても、ドライバーが正しく認知・判断することをサポートし、万一ミスをしても、事故被害を防止・軽減することをサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」をはじめとして、今回のITS実証実験や独自の開発を通じて、ドライバーの安全・安心な運転を支援するさらに高度な安全技術の開発と進化に取り組んでいきます。

 

  • *1 ASVとは、Advanced Safety Vehicle(先進安全自動車)の略。
  • *2 ITSとは、Intelligent Transport Systems(高度道路交通システム)の略であり、最先端の情報通信技術を用いて人と道路と車両とを情報でネットワークすることにより、交通事故、渋滞、環境負荷などといった道路交通問題の解決を目的に構築する新しい交通システム。
  • *3 広島地区ITS公道実証実験連絡協議会は、広島大学、東京大学、総務省中国総合通信局、国土交通省中国地方整備局道路部、国土交通省中国地方整備局道路部広島国道事務所、国土交通省中国運輸局鉄道部、広島県警察本部、広島県土木局、広島市道路交通局、西日本高速道路株式会社中国支社、マツダ、広島電鉄株式会社、独立行政法人交通安全環境研究所により構成され、ITSの推進に向けて、広島地区における地域実証実験の実施に関する計画調整を行っています。
  • *4 広島地区ITS共同研究体は、東京大学、マツダ、広島電鉄株式会社、独立行政法人交通安全環境研究所により構成され、広島地区ITS公道実証実験連絡協議会主催で公道実証実験を計画・実施しています。