ニュースリリース

  

2014/04/17

クルマ・技術

マツダ、新世代高効率オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」の開発において、「2013年度 日本機械学会賞(技術)」を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マツダの研究者5名が社団法人日本機械学会より、新世代高効率オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE(スカイアクティブ ドライブ)」の開発において、「2013年度 日本機械学会賞(技術)」を受賞すると発表しました。

 

 日本機械学会賞は、一般社団法人日本機械学会により、「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的として1958年に設けられ、毎年、優秀な論文や技術などが表彰されています。

 

 マツダ社員が日本機械学会賞(技術)を受賞するのは通算9回目で、SKYACTIV技術に関しては、「SKYACTIV-G」(スカイアクティブ ジー)」、「SKYACTIV-D」(スカイアクティブ ディー)」に続き、2011年度から3年連続の受賞となります。

 

 なお、表彰式は、2014年4月18日(金)、明治記念館(東京都港区)で行われる予定です。

 

■受賞対象: 運動性能と環境性能を両立する新型自動変速機「SKYACIV-DRIVE」の開発
■受賞者: 土井 淳一(どい じゅんいち) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
鎌田 真也(かまだ しんや) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
丸末 敏久(まるすえ としひさ) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
坂 時存(さか ときもり) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部
三谷 明弘(みたに あきひろ) マツダ株式会社 ドライブトレイン開発部

 

■主な評価内容

 今回の受賞では、変速機に求められる理想的な機能を追求し、オートマチックトランスミッション特有の「発進のしやすさ」「なめらかな変速」とマニュアルトランスミッションのような「ダイレクト感」を実現し、燃費向上にも寄与した点などが評価されました。

 

【ご参考】

■一般社団法人 日本機械学会

http://www.jsme.or.jp/

■マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY」サイト

https://www.mazda.com/jp/technology/skyactiv/