ニュースリリース

  

2014/05/16

企業情報

マツダ、マレーシアでマツダ車専用の車両組立工場を完成

-ASEAN地域の重要拠点における生産体制を強化-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、マレーシアケダ州クリムにあるイノコム社*1工場の敷地内において、マツダ車専用の「車両組立工場」*2が完成し、本工場においてマレーシアおよびタイ向けの「マツダ CX-5」の量産を開始したことを本日発表しました。

 

 マツダはイノコム社に委託し、2011年1月から「Mazda3」(日本名:「マツダ アクセラ」)の生産を開始し、また2013年3月からは、現地組立体制の強化策の一つとして建設したマツダ車専用の車体工場*3を稼働させ「CX-5」の生産を開始しています。今回量産を開始した「車両組立工場」は、マレーシアにおける生産販売統括会社「マツダ・マレーシア」*4が、上記車体工場と合わせ、合計約1億リンギット(約30億円)を投資して建設したものです。両工場でのマツダ車の年間生産能力は約2万台であり、2014年中にはマレーシア向けの新型「Mazda3」の生産も開始される予定です。マツダ車専用の車体工場と「車両組立工場」が稼働することによって、生産計画をより柔軟に管理することと共に、より厳格な品質管理が可能となります。

 

オープニングセレモニーの様子
オープニングセレモニーの様子

 

 本日、同工場で開催されたオープニングセレモニーに出席した圓山 雅俊(まるやま まさとし)執行役員本社工場長は、「マツダは、マレーシアをASEAN地域における重要拠点の一つと位置づけており、マツダ車専用の「車両組立工場」が完成し、現地組立の体制が更に強化されたことを嬉しく思います。ベルマツモーター社*5やイノコム社とのパートナーシップの下、今後も高品質で走る歓びにあふれる商品を提供することで、私たちマツダは、ここマレーシアにおいてもお客様の人生をより豊かにし、お客様との間に特別な絆を持ったブランドを目指して参ります。」と語りました。

 

  • *1 マツダ・マレーシアが生産委託している現地資本の自動車製造会社
  • *2 プレス、溶接、塗装等を終えたボディにエンジン等の様々な部品を取り付ける工程
  • *3 プレス工程で加工された各部品を溶接する工程
  • *4 マツダとベルマツモーター社との合弁会社(マツダ70%:ベルマツモーター社30%)
  • *5 現地の複合企業であるベルジャヤ社を主要株主とした現地資本100%のマツダ車販売会社