ニュースリリース

  

2014/07/03

CSR・環境・社会活動

マツダオールスターゲーム2014「Be a driver.賞」を創設

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、「マツダオールスターゲーム2014*」 の特別賞として、「Be a driver.賞」を創設したことを発表しました。

 

 この賞は、7月18日、19日に行われる「マツダオールスターゲーム2014」の2試合を通じて、チャレンジ精神と個性あふれるプレーでファンに夢や希望を与えた選手1名に授与されます。また、受賞者には、「SKYACTIV技術」と「魂動デザイン」を全面的に採用した新型「マツダ アクセラ」、「マツダ アテンザ」、「マツダ CX-5」の中から1台が贈呈されます。なお、受賞者は、プロ野球12球団、一般社団法人 日本野球機構、マツダの関係者で構成する「Be a driver.賞選考委員会」で選出され、7月19日の第2戦の試合終了後に発表される予定です。

 

 「Be a driver.」は、マツダのクルマづくりに対する想いを伝えるために、国内のコミュニケーション活動で使用しているスローガンです。このスローガンにある「driver(ドライバー)」には、「私たちマツダは、何よりも運転が好きな人でありたい」という意味に加え、「自分の行く道は自分で選び、『走る歓び』の追求を通して、社会の幸福にドライブをかける人でありたい」という想いが込められています。

 

 マツダは、プロ野球オールスターゲームに7年連続で協賛しています。「マツダオールスターゲーム」の特別賞は、マツダが初めて冠スポンサーとして協賛した2008年から毎年設けており、選出された選手にマツダ車を贈呈しています。

 

 今後もマツダは、お客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して参ります。

 

  • * 主催:プロ野球12球団、開催運営:一般社団法人 日本野球機構、特別協賛:マツダ