ニュースリリース

  

2014/07/22

企業情報

マツダ、箱根ターンパイクのネーミングライツを取得

-「マツダ ターンパイク箱根」と命名-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、神奈川県小田原市から箱根町を経由し湯河原町に至る約16kmの観光有料道路「箱根ターンパイク」のネーミングライツ(命名権)を箱根ターンパイク株式会社から取得しました。これにより、本年8月1日(金)から本道路の名称は「マツダ ターンパイク箱根」となります。

 

 「マツダ ターンパイク箱根」は、相模湾や富士山などの景色を楽しむことができる人気のドライブコース。箱根から小田原に続く尾根上に位置しており、ワインディング、坂道、直線部分やカーブといった多岐にわたる道路線形が特長です。四季折々の美しい景色を眺めながら、ドライブ自体も楽しむことができます。

 

 今回のネーミングライツ取得は、「SKYACTIV技術」によって「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を提供するマツダと、富士山を望む美しい自然環境の中で快適で安全な観光コースを提供する箱根ターンパイク(株)の「全てのお客さまに心ときめくドライビングを体感していただきたい」という想いが一致したことにより実現しました。

 

 マツダは、最新のSKYACTIV技術搭載車に乗って「走る歓び」を体験する試乗イベントやマツダのデザインテーマ「魂動デザイン」に関する展示など、「マツダ ターンパイク箱根」を利用し、お客さまがマツダを身近に感じていただける様々なイベントを検討していきます。また、今後もお客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して参ります。

 

「マツダ ターンパイク箱根」新ロゴマーク
「マツダ ターンパイク箱根」新ロゴマーク

 

箱根ターンパイクを走る新型「アクセラ」
箱根ターンパイクを走る新型「アクセラ」