ニュースリリース

  

2014/08/20

CSR・環境・社会活動

マツダ、福祉車両を社会福祉団体に贈呈

-「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の累計来場者900万人達成を記念-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」*1の累計来場者数が900万人を達成したことを受けて、社会福祉団体に福祉車両を贈呈することを発表しました。

 

 今回の贈呈先は、社会福祉法人 広島市社会福祉協議会により選定された広島市南区の「社会福祉法人 広島県肢体障害者連合会/セルプ宇品」で、車種は同福祉法人の希望により「マツダ ビアンテ(セカンドリフトアップシート車)」に決定しました。

 

「マツダ ビアンテ(セカンドリフトアップシート車)」
「マツダ ビアンテ(セカンドリフトアップシート車)」

 

 福祉車両贈呈の取り組みは、マツダが広島市民球場の命名権に応募した際に、社会貢献活動の一つとして広島市に提案したものであり、2009年以降来場者数が100万人を達成するごとに、社会福祉団体に1台贈呈しています。

 

 マツダは、地域の人々から、より親しまれる企業になるべく、継続的に社会貢献活動に取り組んでいます。今後もマツダはお客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して参ります。

 

【ご参考】

  達成日 贈呈先 贈呈車両
100万人
達成
2009年
8月1日
(社)はぐくみの里 ワークプラザひがし
(広島市東区)
「マツダ ビアンテ」 20S
(オートステップ)
200万人
達成
2010年
4月18日
(社)あさみなみ あさ作業所
(広島市安佐南区)
「マツダ ビアンテ」 20S
(オートステップ)
300万人
達成
2010年
8月29日
(社)清流 可部つちくれの家
(広島市安佐北区)
「マツダ ビアンテ」
i-stop SMART EDITION II
(オートステップ)
400万人
達成
2011年
7月1日
(社)光清学園
(広島市南区)
「マツダ MPV」 23S
(オートステップ)
500万人
達成
2012年
4月20日
(社)もみじ福祉会 第一もみじ作業所
(広島市中区)
「マツダ プレマシー」 20S
(助手席リフトアップシート)
600万人
達成
2012年
8月24日
(社)広島市手をつなぐ育成会 いくせい
(広島市西区)
「マツダ ビアンテ」 20S
(オートステップ)
700万人
達成
2013年
6月18日
(社)天友会 広島南作業所
(広島市南区)
「マツダ MPV」 23S
(オートステップ)
800万人
達成
2014年
4月4日
(社)おりづる おりづる作業所
(広島市西区)
「マツダ ビアンテ」 20S
(オートステップ)
900万人
達成
2014年
7月30日
(社)広島県肢体障害者連合会 セルプ宇品
(広島市南区)
「マツダ ビアンテ」
20C-SKYACTIV
(セカンドリフトアップシート)

 

  • *1: 「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」の公式戦初開催は2009年4月10日。