ニュースリリース

  

2014/09/19

クルマ・技術

マツダ、「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」に福祉車両を出品

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2014年10月1日(水)から10月3日(金)に東京ビックサイト(東京都江東区)で開催される、「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、福祉車両を出品します。

新型「マツダ デミオ」 助手席回転シート車(参考出品)
新型「マツダ デミオ」 助手席回転シート車(参考出品)

 

 「国際福祉機器展」は、ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで、世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会であり、マツダは1995年からこのイベントに参加しています。

 

 マツダは今回、福祉車両「マツダ i (アイ) シリーズ」として、軽自動車「マツダ フレアワゴン」ベースの「フレアワゴン スロープ式車いす移動車」、中型トールタイプミニバン「マツダ ビアンテ」ベースの「ビアンテ セカンドリフトアップシート車」を出品するほか、新型「マツダ デミオ」ベースの「デミオ 助手席回転シート車」を参考出品いたします。

 

■マツダの「第41回 国際福祉機器展 H.C.R. 2014」出品車両の概要は以下のとおり

「フレアワゴン スロープ式車いす移動車」

軽自動車「フレアワゴン」をベースとしたスロープ式車いす移動車。一枚スロープや電動ウインチを標準装備し、スムーズな乗降が可能です。

 

「ビアンテ セカンドリフトアップシート車」

セカンドシートの広い開口スペースで、高齢者や身体の不自由な方々の乗降をサポートするセカンドリフトアップシート車。

 

「新型「デミオ」 助手席回転シート車」(参考出品)

マツダの新世代技術「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術*1」と新デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用した、新世代商品の第4弾となるコンパクトカー、新型「デミオ」をベースとした、助手席回転シート車。手軽に乗降ができるよう、助手席が回転します。

 

■マツダの福祉車両「マツダ i シリーズ」に関する詳細情報

http://www.welfare.mazda.co.jp/

 

■「第41回 国際福祉機器展 H.C.R.2014」に関する詳細情報

http://www.hcr.or.jp/

 

  • *1 「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言」に基づいて、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を高次元で調和することを目標に開発したエンジン(ガソリン・ディーゼル)、トランスミッション、ボディ、シャシーなどの新世代技術の総称。