ニュースリリース

  

2014/10/23

クルマ・技術

マツダ、メキシコで新型「Mazda2」の生産を開始

-エンジン機械加工工場も稼働-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、メキシコの新工場「Mazda de Mexico Vehicle Operation」(以下、MMVO)において、新型「Mazda2」(日本名:マツダ デミオ)の生産を開始したことを、本日発表しました。また、昨年から建設を進めてきたMMVOのエンジン機械加工工場*も完成し、本年10月21日に稼働しました。さらには、グローバルで好調な「SKYACTIV技術」搭載車の販売増に対応していくために、MMVOの年間生産能力を2016年3月期には25万台まで増強します。

 

MMVOで生産された新型「Mazda2」
MMVOで生産された新型「Mazda2」

 

 マツダは、「SKYACTIV技術」を搭載した車両の導入を進めており、2016年3月期にはマツダ車の販売に占める「SKYACTIV技術」搭載車の比率を85%以上にする計画です。また、2012年2月に発表した「構造改革プラン」の中で重要施策の一つとして掲げた「グローバル生産体制の再構築」を着実に進めています。今回のMMVOにおける新型「Mazda2」の生産開始、エンジン機械加工工場の稼働、および生産能力増強は、それらの計画を大きく前進させることになります。なお、MMVOのエンジン機械加工工場は本社工場と同じマツダの最新の生産・製造技術を採用したエンジン部品の機械加工ラインで、効率化と多様化を同時に実現しています。

 

 江川 恵司(えがわ けいし)MMVO社長は、「この度の新型『Mazda2』の生産開始、エンジン機械加工工場の稼働、および年産能力の増強により、日本と同レベルの高品質な『SKYACTIV技術』搭載車をグローバルに供給できる体制が強化されるとともに、クルマづくりを通じて、より一層メキシコ経済の発展に貢献できることを大変うれしく思います。」と語りました。

 

 新型「Mazda2」の生産拠点は今年7月に生産を開始した日本の防府工場、9月に生産を開始したタイの「オートアライアンス(タイランド)Co., Ltd.」に続いて3拠点目となります。今後もマツダは、高品質なクルマづくりを含め、お客さまとの様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 

  • * 鋳造されたエンジン部品を機械によって切削加工する工場