ニュースリリース

  

2014/11/04

その他

マツダ、広島県立美術館で「Mazda Design クルマはアート」を開催

-「広島が生んだ巨匠 榮久庵憲司の世界展」に特別協力-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2014年11月18日(火)から12月23日(火)まで広島県立美術館の1階ロビーにおいて「Mazda Design クルマはアート」を開催します。

 

 「Mazda Design クルマはアート」は、広島から世界にモノ造りとデザインの価値を発信するマツダが、広島県立美術館で同一期間に開催される「広島が生んだデザイン界の巨匠 榮久庵憲司の世界展」に特別協力して実施するものです。

 

 マツダが2010年から展開しているデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」と、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた高い造形力によって成し遂げたモデルやオブジェなど、生命感をカタチにするマツダデザインのアートな世界観を紹介します。

 

「Mazda Design クルマはアート」告知ポスター
「Mazda Design クルマはアート」告知ポスター

 

 マツダの前田育男(まえだ いくお)執行役員デザイン本部長は、「Mazda Design クルマはアート」の開催にあたり、「クルマは単なる鉄の塊ではありません。それは『命あるもの』だとマツダは考えます。ドライバーとクルマの関係を、まるで愛馬と心を通わせるかのように、エモーショナルなものにする。そのための造形を追い求めつづけるのが、マツダの『魂動デザイン』です。生きたクルマをつくる。純粋に生命感をカタチにするチャレンジと、マツダがそのデザインの歴史の中で培ってきた造形力、我々の情熱とこだわりを感じとってください」と語りました。

 

<展示会の概要>

イベント名:  Mazda Design クルマはアート
日程: 11月18日(火)~12月23(火)
9:00~18:00 ※金曜日は19:00まで
会場: 広島県立美術館1階ロビー(広島県広島市中区上幟町2-22)
観覧料: 無料(※「榮久庵憲司の世界展」は有料)

展示構成と内容:

(1) 魂動デザインの世界観

乗る人と心通じ合う、まるで生きているかのような生命感あふれるエモーショナルなカタチを目指して、日々創造に取り組む中から生まれたオブジェなどをご覧いただきます。

(2) 魂を吹き込むマツダの匠

命を吹き込むことは鍛え上げられた匠の技があってできること。マツダの匠が造形に取り組む姿の映像や、使用する道具、技を込めたサンプルをご覧いただきます。

(3) 命を吹き込まれたマツダのクルマたち

魂動デザインを代表する作品「マツダ靭(SHINARI)」のデザインコンセプトモデル、新型「マツダ ロードスター」のデザインモデルやクレイモデルなど、普段目にすることのないモデルをご覧いただきます。

 

<関連イベント>

(1) トークサロン「広島から世界に発信するデザイン」

日時: 11月30日(日)
13:30~15:30 ※13:00受付開始
会場: 広島県立美術館 地下講堂
定員: 200名(先着順)
参加費:  無料
講師: 前田育男(マツダ株式会社執行役員デザイン本部長)
山田晃三(株式会社GKデザイン機構代表取締役社長)

(2) サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2014 in 広島

「This is Mazda Design. 『魂動デザイン』を通じた『走る歓び』の具現化」

日時: 12月20日(土)
午前の部:10:00~*/午後の部:13:00~*
会場: 広島県立美術館 地下講堂、マツダミュージアム*
  • * 講演後、希望者を対象にマツダミュージアム見学を実施します(移動含めて100分)
講師: 中牟田泰(マツダ株式会社デザイン本部アドバンスデザインスタジオ部長)他
募集人数:  240名(120名×2部) ※事前申込要
参加費: 無料
申込方法: 以下の応募専用サイトよりお申込みください
募集期間: 2014年11月4日(火)~12月2日(火)
お問合せ: 「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム2014 in 広島」事務局
Eメール:csre@mail.mazda.co.jp
TEL:(082)287-4066 (受付時間 平日10:00~17:00)