ニュースリリース

  

2014/12/01

クルマ・技術

マツダ、「SKYACTIV TECHNOLOGY」の開発において、平成26年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「SKYACTIV TECHNOLOGY」(スカイアクティブ・テクノロジー)の開発において、環境省が実施する「平成26年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(技術開発・製品化部門)」を受賞したことを発表しました。マツダの本賞受賞は、平成16年度の「スリー・ウエット・オン塗装技術」以来2回目となります。

 

 「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」は、地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるため、平成10年度に環境省が創設し、表彰を続けているものです。

 

 「SKYACTIV TECHNOLOGY」は、エンジン、トランスミッション、ボディ、シャシーのクルマの基本となる技術をゼロから見直し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の高次元での調和をイメージした、マツダ独自の革新的な新世代技術の総称です。

 

 表彰式は、12月3日(水)13:00から、イイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)にて開催される予定です。

 

 今後もマツダは、様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。

 

【ご参考】

■環境省 地球環境・国際環境協力のホームページ

http://www.env.go.jp/earth/index.html

 

■「SKYACTIV TECHNOLOGY」のウェブサイト

https://www.mazda.com/jp/technology/skyactiv/