ニュースリリース

  

2015/02/20

クルマ・技術

マツダ、ディーゼルノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を新開発

-日本市場向けの「マツダCX-3」に搭載する「SKYACTIV-D 1.5」に採用-

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社は、ディーゼルエンジン特有のノック音を大幅に低減する世界初の技術「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を新開発しました。同技術を2015年2月末より日本市場で発売予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」に搭載する「SKYACTIV-D 1.5」に採用します※1

 

「SKYACTIV-D 1.5」

 

 マツダは、ディーゼルノック音の発生メカニズムを探究した結果、燃焼時にコネクティングロッドの伸縮にともない発生するピストンの振動が原因であることを突き止めました。このたび新開発した「ナチュラル・サウンド・スムーザー」は、空洞のピストンピンに内蔵することでノック音の原因である振動を吸収する技術です。

 

 これにより、特に発進時やゆっくりとした加速時などに車室内で聞こえやすい周波数3.5kHz付近のディーゼルノック音を、未装着車に比べて最大で10dB低減※2し、市街地の走行シーンなどで高い静粛性とより気持ちの良いエンジン音を提供します。

 

 「SKYACTIV-D 1.5」は、2.5Lのガソリンエンジンを上回るトルクフルな走りと高回転までリニアに加速する優れた動力性能、また高価なNOx後処理システム無しで高い環境性能を実現するマツダの小型クリーンディーゼルエンジンです。

 

 マツダは、今後もお客様に「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」をお届けするため、様々な技術開発にチャレンジしていきます。

 

  • ※1 「ナチュラル・サウンド・スムーザー」は、日本市場の「CX-3」の一部の機種にオプション設定。
  • ※2 マツダ調べ