ニュースリリース

  

2015/08/07

企業情報

マツダ、タイの新パワートレイン工場で開所式を実施

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク

 マツダ株式会社(以下、マツダ)は、タイ王国チョンブリ県に建設した新パワートレイン工場「Mazda Powertrain Manufacturing (Thailand) Co., Ltd.」(以下、MPMT)において、本日、同工場の開所式を実施したと発表しました。

 

 開所式には、来賓としてタイ王国のマハー・チャクリー・シリントーン王女殿下を迎え、MPMTの川上 英範(かわかみ ひでのり)社長兼CEOはじめとする従業員や、マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOなど、約500名が出席し、同工場の開所を盛大に祝いました。

 

MPMT外観
MPMT外観

 

 MPMTは、防府工場(山口県防府市)に次ぐ、マツダの海外初となるトランスミッション生産拠点として、本年1月より新型自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」を生産しています。年間生産能力は40万基で、MPMTで生産されたトランスミッションは、タイを始め、マレーシア、ベトナム、メキシコ、中国など、マツダのグローバルな生産拠点に供給されます。また、2015年第4四半期中にも量産を開始する予定のエンジン工場では、既に「SKYACTIV-D1.5」のパイロット生産に着手しており、タイにおいて、エンジンからトランスミッション、車両に至るまで、「SKYACTIV技術」搭載車の一貫した生産体制が整うことになります。

 

 開所式にあたり、マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは、「MPMTの稼働により、タイは、マツダにとって海外で初めて、車両、エンジン、トランスミッションの一貫生産を行う拠点となりました。マツダは今後も、タイの経済および自動車産業の持続的な発展に貢献できるよう、全力を尽くしてまいります」と述べました。

 

 今後もマツダは、高品質なクルマづくりを含め、様々な接点を通じて、お客さまの人生をより豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになることを目指してまいります。