ニュースリリース

 

2019/03/28

企業情報

2020年度の定期採用の計画について

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Google+
  • PDF

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、2020年度の定期採用(技術系・事務系)の計画を決定しました。

定期採用計画の決定にあたり、吉田 和久(よしだ かずひさ)執行役員(グローバル人事・安全・病院担当)は、「マツダは、新型『MAZDA3』や新型コンパクトクロスオーバーSUV『マツダ CX-30』といった新世代商品に代表される新しい商品や技術によって、お客さまにマツダ車の価値を感じ続けていただき、『お客さまと世界一強い絆で結ばれたブランド』を目指しています。私たちは、常識や前例、部門の壁にとらわれることなく、飽くなき挑戦の精神を持つとともに、周囲と協調しながら、お客さま視点でとことん誠実に行動できる熱意にあふれた方を待っています」と述べました。

マツダは、今後も成長を支える新しい力を継続的かつ計画的に採用していきます。

    2020年度
定期採用人数計画*1
技術系 大学院・大学・高専・専門・高校 210名
事務系 大学院・大学・短大・専門 45名
技能系 高校 未定*2
合計 未定*2
  • *1 卒業後3年間以内の既卒者は新卒定期採用の対象として実施
  • *2 後日決定する予定

【ご参考】

採用に関する詳細情報は、下記リンクよりご覧いただけます。
(マツダオフィシャルウェブサイト内 採用ページ:https://www.mazda.com/ja/careers/